毎日の食事で薄毛対策。これは摂ろうリスト!

薄毛を確実に改善するためには、薄毛治療を行っているクリニックでの治療がオススメです。
しかし、自分にもできる薄毛対策があります。食事などを工夫することでケアになるため、そんな食事でできるケアを紹介します。

薄毛を助長してしまう食べ物とは

薄毛のケアとして自分で出来る対策が食生活の改善です。食生活が偏っていたり、栄養が足りなければ、その分頭皮トラブルにつながったり、栄養が足りずに髪の毛が育たないということにもなってしまいます。薄毛を助長してしまう食べ物を避けて、薄毛に効果的な食べ物を積極的に摂取することが大切です。
まず食事のポイントとしては、薄毛を助長する食べ物(糖分が多い食べ物や飲み物,塩分が多い食べ物,高脂質な食べ物)をなるべく避けることが薄毛の予防やケアになります。
糖分が多い食べ物や高脂質が多い食べ物などを避けた方がいいのは、摂取し過ぎれば頭皮から必要以上に皮脂が出るためです。皮脂が多く出れば頭皮の毛穴がふさがり、頭皮環境が悪化して薄毛につながります。
塩分も避けるべきです。塩分には知覚神経への強刺激作用があることがわかっています。塩分によって刺激が強すぎると知覚神経のCGRPという成分が放出されます。すると人間の体はIGF-1というインシュリンに似た構造を持つ増殖因子が作ることができなくなり、細胞神経が死んでしまうこともあります。結果、抜け毛や薄毛が進行してしまいます。
食生活が乱れていれば、その分だけ進行が早くなってしまうのです。

薄毛対策になる食べ物

食生活は髪の環境に大きく影響してきます。薄毛を助長する食べ物もありますが、薄毛に効く食べ物もあるため摂取することをオススメします。
薄毛に効く食べ物(肉・魚介・卵・乳製品・大豆,貝・海藻類,バナナ・緑黄色野菜・鮭・ゴマ・ナッツ類)などが挙げられます。
肉・魚介・乳製品が効果的なのは、髪の原料になるタンパク質が豊富に含まれているためです。脂質が多い部分は逆に薄毛を助長させてしまいますが、赤身肉や亜鉛の多く含んでいるレバーなどはとても効果的な食べ物といえます。
卵は栄養価が高くケラチンタンパクの元になるタンパク質、頭皮の代謝を高めるビタミンB2などを多く含んでいます。大豆は発毛を促すイソフラボンが多く、貝類の中でも牡蠣が亜鉛が多く、海藻類は髪の健康をサポートするミネラルやビタミンが豊富です。
バナナは髪の元になるグルタミン酸が多く含まれており、緑黄色野菜はビタミン類やミネラルが多く抗酸化作用もあるため有効で、ゴマやナッツ類は血液をサラサラにするなどの効果が期待できます。

栄養バランスのとれた食事

食生活から改善するためには、栄養バランスを考えた食事が重要です。
日常的にコンビニやファーストフード、冷凍食品で食事をしているという場合には、特に食生活を見直すことをオススメします。
栄養バランスのとれた食事とは、髪の毛の主成分であるタンパク質と生成をサポートする亜鉛、頭皮環境を整えるビタミン類などを満遍なく取り入れることをいいます。ただし、調理方法によっては髪の毛に悪影響が出てしまうこともあるため注意が必要です。
ポイントとしては、脂質や糖質、塩分の摂取が過剰にならないことが大切です。

アルコールと食べ物

特に注意したいのがアルコールとの組み合わせです。
アルコール自体は血行を良くするため、適量であれば薄毛に効果があります。しかし、アルコールと一緒に食べるおつまみは塩分が高く、脂質も多いケースが多いです。
それを避けるためにも、なるべく脂質の少なく塩分の少ない食べ物を選んできます。
また、飲み過ぎないということも大切です。

薄毛を予防する調理方法

なるべく脂質などを少なくするためには、炒めたり揚げたりする調理方法は避けるようにします。
余分な脂質を減らすには、蒸したり茹でたりがオススメです。塩分を少なくするには、出汁などを使うようにしていきます。その他、生姜など血流のよくなる食材を意識します。
栄養バランスの整った食事が薄毛のケアになります。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る