ラズベリーケトン!美味しく食べて上手にハゲ対策しましょう!

ラズベリーには薄毛対策に効果のある成分が含まれています。特に香気成分であるラズベリーケトンの高い脂肪分解作用で脂肪燃焼効果を促進し肥満予防にもなります。ここでは薄毛対策に役立つラズベリーやIGF-1等の効果について紹介します。

ラズベリーケトンの育毛効果

ラズベリーケトンはラズベリーの甘酸っぱい香りの正体である香気成分で高い脂肪分解効果を促進し脂肪燃焼効果を高めます。この働きはカプサイシンの3倍とも言われています。脂肪燃焼効果により肥満を抑制し、健康維持に貢献することで、育毛に必要な頭皮の環境を整えることが出来ます。また肥満はホルモンバランスを崩し抜け毛を促進するので、肥満防止は抜け毛予防にもなります。

ラズベリーには他にも育毛に効果の役立つ成分がある

ラズベリーにはビタミンEなどの他に、ポリフェノールの一種であるエラグ酸を含みます。このエラグ酸はメラニン色素の生成を抑えて美白に貢献したり、強い抗酸化力による細胞の老化を防ぐ働きがあります。また精神をリラックス状態に導く働きにより、良質の睡眠にも役立ちます。抗酸化作用や良質な睡眠は育毛に必要な働きなので薄毛対策になります。
またラズベリーに含まれる食物繊維は老廃物を除去し腸内環境を整え健康維持に貢献します。食物繊維は糖分の吸収も緩やかにし、血糖値の上昇を抑え血管や細胞が傷ついたり、中性脂肪の増加を防ぎます。これらの働きは頭皮の育毛作用を助けます。
ラズベリーにはビタミンCも豊富に含まれており、コラーゲン繊維の形成を行い育毛を助けます。ビタミンCは熱に弱いので生食が効果的な摂り方です。

IGF-1の育毛効果

IGF-1はインスリン様成長因子のことで、人体の殆どの細胞にあり、細胞間の連携に関係し、細胞成長と発達、細胞DNA合成を調節する重要な物質です。IGF-1を増やすことで髪の毛の成長に関わる根本的な作用を高め、育毛や白髪防止の働きも強くします。また個々の細胞を健全に保つことで老化防止や骨密度を高めアンチエイジングにも貢献します。

IGF-1を増やす方法

IGF-1を増やすには知覚神経を刺激することです。頭皮をマッサージやお灸、針などで刺激することにより、頭皮細胞のIGF-1が増え育毛を促すことが出来ます。
IGF-1はカプサイシンやイソフラボンを含む食品を摂ることでも増やせます。カプサイシンはトウガラシに含まれる辛味成分です。イソフラボンは大豆製品に含まれる成分です。納豆にキムチを混ぜて少し唐辛子を振りかければ効果的な摂り方ができます。
イソフラボンにはIGF-1を増やす他にホルモンバランスを調節し育毛を促す働きがあります。イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た構造を持ち、その働きも似ています。ホルモンのバランスを整えることで、抜け毛の原因になるDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの働きを抑え抜け毛を抑えます。

薄毛対策に効果のあるその他の成分と医薬品の利用

ラズベリーが含むエラグ酸の他に抗酸化力を持つ成分にはアントシアニンがあります。ブルーベリーやアサイーに含まれており強い抗酸化力を持ちます。アントシアニンは眼精疲労を回復させ目を良くする働きもあります。前頭部の抜け毛の原因は、眼精疲労により目の周辺から前頭部に及ぶ部分の血流が悪くなることも一因になっているので、アントシアニンにより前頭部の抜け毛を抑える作用も高まります。
薄毛がAGA(男性型脱毛症)によるものならば、その原因になっているDHTの働きを医薬品によって抑えることが効果的です。医薬品には塗るものと飲むものがあります。塗るものはドラックストアなどで購入できますが、飲む育毛医薬品はクリニックで処方して貰い使用します。飲む育毛医薬品を長期に渡り使用すると治療費が高額になりますが、ジェネリック育毛剤を使用することで治療費を安く抑えることが出来ます。ジェネリック育毛剤は輸入医薬品として海外からインターネットを利用して購入出来ますが、購入する際は信用できる輸入代理業者を通して行う方が安全です。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る