りんごに隠された薄毛対策の効果とは!?

食物の中には、育毛に効果的な成分を含んでいるものがいくつかあります。その中でも有名な食物はいくつかあるのですが、実はりんごにも隠された薄毛対策の効果があると言われているのです。今回はそんなリンゴの育毛効果について紹介します。

何故りんごには薄毛対策の効果があるのか?

りんごは皮の部分にりんごポリフェノールと呼ばれる成分を保有していて、りんごポリフェノールそのものも毛母細胞を増加させるという薄毛対策の効果が認められています。これによってヘアサイクルを正常化することができるので、発毛効果があると研究で発表されています。
そんなりんごポリフェノールのおよそ65パーセントを占めている成分が、プロシアニジンです。プロシアニジンには主に抗酸化作用をはじめとして癌細胞の生成を抑えたりアレルギー予防の効果などがあります。ほかにも皮脂分泌を予防したり血行を改善する効果や作用も認められており、これらの効果や作用は健康面や美容面だけではなく毛髪成長活性があるという点から薄毛対策効果があるとされています。
このようにりんごにはりんごポリフェノールだけではなく、プロシアニジンと呼ばれる成分もあることから薄毛対策に効果的な食べ物として知られるようになったのです。

りんごの薄毛対策効果1:抗酸化作用

りんごポリフェノールに含まれるプロシアニジンの作用の一つに、抗酸化作用と呼ばれるものがあります。抗酸化作用とは細胞を老化させる原因である活性酵素の働きを抑えるものを指していて、この作用によって細胞の老化を予防することができます。
実は全身の細胞が老化していくと頭皮の乾燥や代謝の悪化につながるため、放っておくと頭皮環境の乱れや抜け毛の増加など薄毛を悪化させたり助長させてしまう要因になりかねません。このためプロシアニジンに含まれる抗酸化作用をうまく利用すれば頭皮環境を改善したり整えることができるので、結果的に育毛に良い環境を作り出したり薄毛を予防することにつながるのです。

りんごの薄毛対策効果2:皮脂分泌の低下

プロシアニジンの作用の一つである抗酸化作用は細胞の老化を予防するだけではなく、毛穴に詰まった皮脂や老廃物の酸化を予防してくれるという作用もあります。これによって細菌の繁殖を防ぐことができると考えられていて、その影響で毛穴の詰まりそのものを改善することができるという結果にもつながっているのです。
毛穴の詰まりを改善することができれば皮脂が過剰に分泌されることも少なくなるため、皮脂の分泌そのものを低下させたり抑制することができます。これらはプロシアニジンの抗酸化作用による副産物のような作用ではありますが、結果として薄毛対策の効果として大きな影響を与えていると言えます。

りんごの薄毛対策効果3:血行促進

ほかにもりんごの薄毛効果対策の一つとして挙げられているのが、血行促進です。
プロシアニジンはコレステロールの中でも血管に付着する特徴を持っている悪玉コレステロールを下げるという作用を持っていて、それによって血液そのものをサラサラにしたり血管内の流れをスムーズにしてくれます。この作用によって血行や血流を促進してくれるため、頭皮まで行き渡りにくかった栄養をしっかり髪の毛に補給することができるのです。これが結果的に育毛効果につながるため、薄毛対策の効果として大きな意味を持っていると言われています。

りんごポリフェノールやプロシアニジンの効率的な摂取方法

このようにりんごにはりんごポリフェノールやプロシアニジンの作用によって薄毛対策の効果が発揮されているのですが、ポイントとなってくるのが摂取方法です。
りんごポリフェノールやプロシアニジンは、りんごの実の方ではなく皮の方に多く含まれているという特徴があります。そのため育毛のためにりんごを摂取するのであれば皮ごと食べる必要があるので、そのまま食べたり焼きりんごや皮つきアップルパイなどのアレンジレシピを検討することもおすすめです。
また赤いりんごよりも青いりんごの方に多くりんごポリフェノールやプロシアニジンは含まれているため、その点を意識してりんごを選ぶことも大切だと言われています。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る