ダイエットと薄毛の関係とは!?

一言にダイエットといっても、ダイエットの目的は人様々です。肥満による成人病の防止のため食事を制限し、適度な運動を心掛ける人もいれば、スタイルが良くなりたいといった美容効果を得るためにダイエットをする人も多くいます、女性の場合は、後者の方が多いでしょう。
そしてダイエットというと摂取カロリーを減らすためにバナナダイエットなど、特定の食べ物だけを食べ続ける方法を実行する人が多くいます。しかし、生命維持活動に必要な栄養素をきちんと摂取しないと、栄養障害による体調不良など、トラブルが発生してしまうことがあります。

栄養障害のツケは毛髪にくる

ダイエットで摂取カロリーを減らすと、人間の体は限られた栄養素を、生命を維持するために必要な器官に優先的に供給するようになります。そのため生命を維持するために重要でない器官に対しては栄養がいきわたらなくなります。
つまり生命を維持するために必要な内臓器官に優先的に栄養が供給され、毛髪など生命を維持するために重要でないところには十分な栄養が供給されなくなるのです。
その結果、毛髪の育成が阻害されて、新しい毛髪が生えてこなくなって抜ける一方になってしまったり、新しく生えてきた毛髪が十分に成長せず細くなったり、コシやハリ、艶がなくなってしまうのです。毛髪は休止期、成長期、退行期というサイクルで抜け、新しく生え、成長していきます。
栄養が十分に供給されないことによって、その毛髪のサイクルが狂ってしまい、その結果薄毛になってしまうのです。婦人科の中には、栄養障害を防ぐために検査の上、不足している栄養素を補うサプリメント見つけてくれるといった栄養障害を防ぐサポートを行っているところがあります。
ダイエットをするときそのような婦人科のサポートを利用すれば、毛髪へのダメージを回避できます。

運動不足も薄毛の原因

ダイエットは健康を維持するための栄養素をバランスの良く摂取しつつ、適度な運動をすることが大事です。
しかし多くの人は、摂取カロリーと減らすか、摂取したカロリーを燃焼するための運動をするかどちらかに分かれ、楽をして痩せたいという人は摂取カロリーと減らす方法を選びがちです。そして摂取カロリーと減らすと、体を動かしてもすぐにばててしまうため、ますます運動をしなくなってしまいます。しかし、筋肉を動かさないと血行不良が起こります。
栄養は血液によって体中に運ばれていきますから、血行不良が起こるとそれだけ体の中に栄養を運ぶ機能が低下してしまいます。頭皮にも十分な栄養が運ばれず、その結果、毛髪が十分に成長することができず、薄毛に繋がってしまうのです。

ストレスも薄毛の原因のひとつ

ダイエットが苦にならない、無理のないダイエットをしている場合は問題ありませんが、過剰な食事制限を行ったり、体への負担が大きい激しい運動を行っていると、ストレスが溜まってきます。ストレスは血行不良の原因にもなりますし、円形脱毛症などを引き起こしてしまう場合もあります。無理なダイエットは毛髪にとっても負荷が大きいのです。

医薬品を利用したダイエット

医療機関で処方される医薬品の中には、中枢神経系に働いて食欲を抑制するものがあり、そのような医薬品を利用して痩せることができます。しかし医療機関で処方される医薬品は肥満外来で肥満の治療に処方されるものです。
そして保険を受けるには、肥満度を表す体格指数であるBMI値が高い高度肥満症であり、高血圧や糖尿病、脂質異常症などが指摘されている必要があります。そのため、医療機関を使って医薬品によってダイエットをする場合は、大きな費用がかかってしまいます。

ダイエットに医薬品、海外では半ば常識に

価格が安いジェネリック医薬品を選ぶことで費用を抑えることができますが、それでも大きな費用になってしまうことから、輸入医薬品を利用する人も多くいます。海外では医薬品を使ったダイエットはメジャーな方法で、それらの輸入医薬品は個人輸入するなどの方法で入手することができます。
ダイエット効果が期待できる輸入医薬品は食欲を抑制するもの、脂肪を落としてくれるものなどいくつかのタイプがあり、入手方法は輸入医薬品の種類によります。そのため、輸入医薬品を利用する場合は、その効果と入手方法をよく確認しましょう。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る