薄毛予防にお勧めの酒のつまみ大公開!

薄毛対策には医師の治療を受けたり、効果が高いといわれる輸入医薬品の育毛剤を使ったりといった方法があります。しかし輸入医薬品は個人で輸入したり、輸入医薬品を扱っているサイトで入手するなど手間がかかりますし、医師の治療を受けた場合、薄毛治療は保険が適用されない自由診療のため、なかなか大きな費用がかかります。

そもそも薄毛にならないことが一番

医薬品を安価なジェネリック医薬品にすることで負担を軽減することもできますが、それでも費用がかかるため、薄毛になってから悩むよりも薄毛にならないよう予防することを考えてみましょう。
薄毛予防には、シャンプー方法を変えるなどいくつかの方法がありますが、髪の毛によいといわれる栄養素を積極的に摂る方法もあります。髪の毛に必要な栄養素はいろいろありますが、その中でもたんぱく質と亜鉛、ビタミンは髪の毛に最も必要な栄養素といわれています。

髪の毛は、たんぱく質でできている

たんぱく質が髪の毛に最もよい栄養素といわれているのは、髪の毛の90%がタンパク質で作られているからです。そのためタンパク質が不足すると、髪の毛が細くなってしまったり、色が薄くなってしまったり、薄毛になってしまったり、様々な髪の毛のトラブルを引き起こします。
白髪が増えるのもたんぱく質不足といわれています。髪の毛を作っているたんぱく質はケラチンというもので、このケラチンを構成するメチオニンは体の中で作ることができない成分のため、食事によって接種する必要があります。

たんぱく質の合成に欠かせない亜鉛

亜鉛も髪の毛に最も必要といわれる栄養素のひとつです。亜鉛はミネラルの一種で、体の細胞に広く分布している栄養素であり、DNAや蛋白質の合成に深いかかわりがあります。
そのため、亜鉛が不足すると免疫機能が低下してしまうのです。髪の毛についても亜鉛が不足すると、髪の毛が成長しにくくなります。たんぱく質と亜鉛はどちらかひとつを大量に摂っていればよいというものではなく、両方をバランスよく摂取する必要があります。

そして、ビタミンもお忘れなく

たんぱく質と亜鉛を積極的に摂るには、たんぱく質と亜鉛が多く含まれている食物を摂ることです。しかしたんぱく質と亜鉛だけでなく、合わせてビタミンを摂ると、より効果的です。
というのも、ビタミンは、たんぱく質や亜鉛の働きをサポートするためです。
例えばビタミンB2は頭皮の健康のためには必要な栄養素で、ビタミンB2が不足すると、頭皮が荒れてフケやかゆみが発症したり、皮脂が過剰に分泌されるようになります。
ビタミンB6は亜鉛の働きをサポートしますし、ビタミンCは、たんぱく質の合成に必要な上に、亜鉛の吸収率をアップしてくれます。ビタミンは、ビタミンB2以外、直接頭皮や髪の毛に働きかけるわけではありませんが、髪の毛のために必要なたんぱく質と亜鉛をサポートする栄養素ですから、一緒に摂ることがより効果的です。

髪を育てる食品一覧

たんぱく質は納豆や牛乳,ツナといった食品に多く含まれており、亜鉛は牡蠣や小麦の胚芽,パプリカ,ボラのからすみ,ビーフジャーキーなどの食品に多く含まれています。
ビタミンB2は、レバー,卵,大豆,乳製品などに多く含まれており、ビタミンB6はマグロやイワシなどに、ビタミンCはブロッコリー,パプリカ,レモンなどに含まれています。そのため意外なことにマグロ納豆,シラスおろし,タタミイワシ,生牡蠣,ビーフジャーキーといったお酒のおつまみになる料理は髪の毛に有効な栄養素摂ることができるメニューなのです。
そのためお酒を飲むときは、これらのメニューを賢く選ぶようにしましょう。
適度な飲酒は体に良いことが医学的にも証明されていますし、さらにお酒を飲むことでストレスが解消される人も多いでしょう。ストレスは薄毛や脱毛の原因にもなるため、お酒を飲んでストレスが解消されれば髪の毛にも効果的です。しかし、お酒は糖分も含んでいるため飲み過ぎてしまうと血糖値があがってしまい、さらにビタミンB2を消費してしまいます。
ビタミンB2が消費されて不足すると、頭皮に悪影響があります。何よりお酒の飲みすぎは健康を損ねることになるため、飲みすぎには注意しましょう。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る