春のハーブ、効果的な食べ方

ハーブとはラテン語で「草」を意味する言葉が由来になっている言葉です。ハーブには胃が重い、お通じが悪い、食欲がない、生理不順、美肌効果など様々な効果があるといわれていますが、その効果の歴史は、人類の起源まで遡るといわれています。

一口にハーブと言っても種類はさまざま

ハーブには様々な種類があり、カモミールやローズマリー、ペパーミントといったハーブは一般的によく知られているものでしょう。料理に使われるクレソン、三つ葉といった野菜も良く知られていますが、これらの野菜はハーブの一種なのです。
これらは春のハーブといわれる野菜で、香りに独特の風味があることが特徴です。例えばクレソンはツンとした香りがあり、肉料理などの添え物に使われたり、サラダに使われたり、ハムや肉類と一緒に挟んでサンドウィッチに使われたりします。三つ葉も親子丼やお浸し、サラダなどの料理に使われる野菜で、料理にちょっとしたアクセントをつけたいときに使います。

発毛に関わりがあるシニグリン

クレソン、三つ葉といったこれら春のハーブには、ワサビに含まれているものと同じ辛味配糖体のシニグリンが含まれています。
そのためワサビのようなツンとして風味があるのです。このシニグリンには以前から高い抗菌性や血行促進作用や皮膚細胞活性作用、発毛促進作用があることが知られています。
そのため以前から化粧品やヘアケア製品といった製品に使用されていたのですが、最近は、頭皮の血行をよくして育毛効果が期待できるところに注目されています。

毛穴に詰まる皮脂の問題を春のハーブが改善

薄毛や脱毛は遺伝的な原因もありますが、原因の多くが毛穴に皮脂で詰まってしまったり、ヘアケア製品によって頭皮にダメージを与えていたり、ストレスによって頭皮の血行が滞ることが原因です。
頭皮へのダメージ、血行不良によって髪の毛の先まで栄養が行き届かないことから、髪の毛の成長が妨げられてしまったり、髪の毛が成長しても栄養不足で細くなってしまったり、脱毛したり、髪の毛が途中で切れてしまったりして薄毛になってしまうのです。
そのため薄毛や脱毛対策はもちろんのこと薄毛や脱毛の予防には、頭皮の血行を良くすることが大事です。春のハーブであるクレソン、三つ葉には、その効果があるのです。

血行を促進する育毛剤も有効

そんな春のハーブの効果と同じ効果があるのが育毛剤です。育毛剤の中にはクレソンの葉や茎、または全草から有効成分を抽出したオランダカラシエキスが含まれているものもあります。
オランダカラシエキスには血行促進作用、皮膚細胞活性作用、発毛促進作用、抗脂漏性作用、抗菌作用、保湿作用といった効果があることから、頭皮の血行をよくして育毛効果を期待することができるのです。

輸入医薬品で薄毛対策をお考えの方へ

薄毛や脱毛対策・予防には、医療機関にかかり、医師の処方箋によって出される医薬品を使う方法があります。
しかし、薄毛や脱毛対策は自由診察になるため、保険が適用されず医療費が大きくなってしまいます。そのためより安価で医薬品を入手するためにジェネリック薬品を使う人が多くいます。
薄毛や脱毛対策には育毛剤を使って自分で対策を行う方法があります。育毛剤は日本製のものと海外製のものがあり、日本製のものより海外製の育毛剤の方が効果が高いといわれています。
海外製の育毛剤を入手するには、輸入医薬品を購入します。輸入医薬品は、個人輸入を行うか、個人輸入を代行している医薬品の通販サイトで購入して入手することができます。
しかし個人輸入代行業者の中には薬事法の認証を受けていない、法律違反を犯しているサイトもあります。そのようなサイトを利用して輸入医薬品を購入したとき、トラブルになっても自己責任になってしまうため、個人輸入を代行している医薬品の通販サイトで輸入医薬品を購入する場合は、大手サイトなど信頼できるサイトで購入するようにしましょう。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る