食材ごとの食べ合わせ見直しませんか?

髪の毛は栄養が大きく関わっています。特に食材ごとの食べ合わせは重要です。適切な食べ合わせによって、髪の毛にも良い影響を与えることができるからです。食べ合わせにとって重要な点について説明しましょう。

カルシウムとビタミンDを一緒に摂る

髪の毛というのはタンパク質によってできています。それではタンパク質をたくさん摂ることで髪の毛を元気にできるのでしょうか。それは違います。実際にはタンパク質以外にもさまざまな栄養が必要となります。そのため、食材の食べ合わせを考えて、いろいろな栄養をバランスよく摂るべきなのです。

たとえば、髪の毛を守る働きをするとされているのがカルシウムです。ただし、カルシウムは吸収率の良くない栄養素のため、これだけを摂取していても意味がありません。さらにビタミンDを一緒に摂ることが大切です。ビタミンDというのはカルシウムの吸収率を高めてくれるのです。そのため、カルシウムとビタミンDを同時に摂取できるような食べ合わせを考えましょう。

おすすめの食材

まずカルシウムが豊富に含まれているのは乳製品やいわし、ほうれん草などです。小魚や緑黄色野菜の中にはカルシウムがたくさん含まれています。ビタミンDについては、キノコ類にたくさん含まれているでしょう。そのため、これらの食材を組み合わせたレシピを考えてみましょう。

カルシウムは鉄分の吸収を助ける

髪の毛に大切な栄養素の1つとして鉄分があります。鉄分というのはヘモグロビンを生成する役割を果たしています。血液の機能に大きく関わっているのです。したがって、鉄分が不足すると頭皮にしっかりと栄養を送ることができなくなり、抜け毛を引き起こしてしまう可能性が高いです。

鉄分は身体に吸収されにくい栄養素なのですが、こちらはカルシウムと一緒に摂取することによって、効率よく吸収されるようになります。鉄分はバジルやセージ、青のりなどに豊富に含まれています。これらとカルシウムが豊富に含まれる食材を組み合わせましょう。

DHAやEPAは薄毛予防に良い

青魚に豊富に含まれている食材としてよく知られているのがDHAやEPAです。これらは中性脂肪を減らしてくれます。これによって血行を良くすることができます。血流を良くするのは薄毛対策に必要なことなのです。そのため、DHAやEPAもしっかりと摂取しましょう。

育毛剤を活用する

このようにして、普段の食生活の中で食べ合わせを工夫しながら食事をすることによって、髪の毛や頭皮のために必要な栄養素をしっかりと摂取することができます。これに加えて、育毛剤を使うこともおすすめします。育毛剤は薄毛を改善するための成分が豊富に含まれています。

育毛剤の入手方法として、ジェネリック医薬品を買うという選択があります。ジェネリックは安く売られています。特許の切れた医薬品と同じ成分で製造されたものがジェネリックであり、効果が確かであり、なおかつ安いです。これによって、長く育毛を続けることができるでしょう。

輸入医薬品を利用するという選択肢もあります。ネットで注文をして海外から輸入医薬品として育毛剤を購入するのです。輸入医薬品の方が安価で取引されているケースがあります。こちらも育毛剤のコストを抑えるためにおすすめの方法なのです。

普段の食事の内容を見直すことは大切です。特定の栄養素の組み合わせによって、それぞれの吸収率を高めるということはよくあります。食べ合わせを見直すことでより効率よく栄養を摂取できるようになるでしょう。普段の食事の中で髪の毛に必要な栄養を補えるようにしましょう。そうすれば、抜け毛を防ぐことができて、いつまでも健康な髪の毛を維持できます。食事はとても大切です。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る