わかめを食べても意味が….

わかめや昆布といった海藻類にはAGA(男性型脱毛症)などといった薄毛の症状に効き目があるという話を一度は聴いたことがあるという人も多いかと思います。近年の研究で全く効き目がないとは言えないということが分かったようですが、そのことが「海藻類を食べることで薄毛が改善される」ということにも結び付かないようです。ミネラルなどの栄養があっても髪にいきわたらないと意味がありません。また、DHT(ジヒドロテストロン)を抑制する効果にも触れていきます。

わかめに含まれる力

わかめにはミネラルなどの栄養が豊富であることと、DHT抑制成分には海藻の抽出液が含まれていることが発毛に影響すると言われています。ミツイシコンブから抽出された「M-34」がDHT抑制成分の代表格です。このため、同じ海藻であるわかめにもDHT抑制効果を期待している人も居るそうです。しかし、このことを踏まえても、わかめが発毛に対して期待している人にとって十分な働きをするとは言えないというのが現状のようです。海藻に由来する成分がAGAの改善に繋がる事は考えられても、「DHTを減らす」「細胞分裂を促し、新陳代謝を活性化させる」といった劇的な効果が生まれるとは考えにくいと言えます。しかし、わかめには発毛に関する栄養も含まれています。ミネラルはもちろんのこと、髪の毛に含まれるケラチンの形成に必要不可欠な亜鉛も含まれているため、頭皮の保湿効果や髪の毛に育毛効果に必要な栄養素が入っていることは紛れも無い事実であることは忘れないでください。

生活習慣で改善させるAGA

AGAは遺伝による症状と同じくらい生活習慣による症状も大きいとされています。生活習慣というのは具体的に言えば、食事、睡眠、ストレスなどです。乱れた食生活により体が受けたダメージを修復することでAGAの症状が緩和されることも十分期待できます。わかめなどの海藻に含まれる豊富な栄養素も、生活習慣が乱れていては髪にいきわたらないことも考えられます。十分な運動や頭皮をマッサージすることにより、血流を改善し、そのことで栄養が髪にいきわたらないということを防ぎます。わかめの栄養素の代表であるミネラルには体全身の新陳代謝を促す役割と、健康な頭皮を保つ役割もあります。さらにわかめに含まれる豊富な食物繊維も重要なポイントの一つです。

食物繊維の働きは腸内の環境を正常に保つことで栄養素を十分に吸収することを助け、また、血中コレステロールを低下させる働きも期待できます。体調を正常に整えるためには、わかめなどの海藻類は必要不可欠な存在だと言え、毎日の食卓には海藻類が必ず登場するように心がけたい重要な食材であることは間違いないでしょう。しかし、毎日の献立に海藻類を入れるというのは、なかなか手間がかかるというもの。このことがストレスに感じてしまったら、薄毛を進行させる恐れがあり、元の木阿弥です。無理なく海藻類を摂取して、もしもメニューに海藻類を入れることが出来なかったらサプリメントを使って栄養素を補うのも良いでしょう。巷ではAGAの対策向けのサプリメントも登場しているため、このようなアイテムを有効に使っていきましょう。また、薄毛対策に輸入医薬品の育毛剤を使っている人も居ます。

輸入医薬品は国内で販売していない製品を使うことが出来るため、新たな発毛効果を期待することができます。輸入医薬品を購入する場合にはインターネットを利用した通販を使いましょう。自宅で簡単に購入することが出来ますが、信用できるサイトを利用しないと詐欺などのトラブルに巻き込まれる可能性があります。このことには十分注意しましょう。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る