冷たい飲み物は要注意!

冷たい飲み物を飲むと髪に悪い。または冷たい食べ物を食べているとハゲるという話を聞いたことがあるでしょうか。このような話は半ば都市伝説のような響きがありますから、聞いたことがあっても話半分で聞いている人が多いでしょう。しかし、結論から申し上げますと、冷たい飲み物は髪に良くありません。ここでは、冷たい飲み物と髪の毛の関係について詳しく知っていきましょう。

体の冷えが血行を悪くさせる

冷たい飲み物を飲むことで、体の冷えが誘発されます。真冬の寒い日はもちろんですが、真夏の炎天下の中でも冷たい飲み物は体を冷やしてしまうのです。

何故かというと、夏場に熱くなっているのは主に皮膚や筋肉などの体の表面です。体温も多少は上がりますが、冷たい飲み物が必要なほど熱くなってしまうことはあまりあることではありません。このため、いくら暑いからといって冷たい飲み物ばかり飲んでいると血管の働きが悪くなり、続いて筋肉が固くなります。その結果血行不良になってしまうのです。

血行不良になることで頭皮への血流も悪くなります。そのため、髪の毛に栄養が届かなくなります。また、血行が悪くなると代謝も悪くなってしまうため、体内に毒素が溜まりやすくなります。この毒素も髪の毛に対して悪影響です。なるべく血行を良くするように心がけ、毒素を溜めないようにしましょう。

臓器の働きが悪くなる

冷たいものを飲みすぎると、胃や腸、腎臓や肝臓などの全身の臓器が機能低下してしまいます。臓器の機能が低下することで、せっかく食事で摂取した栄養が効率良く吸収されません。さらにそれを消化する機能も悪くなっています。そのため、髪の毛に栄養が十分に補給されなくなってしまいます。そうしたことで髪の毛が細くなったり薄くなったり、場合によっては失ってしまう可能性すらあるのです。

真夏の体調不良の原因である夏バテは、暑さによる食欲不振と冷たい飲み物の飲みすぎにより栄養が全身に上手く行き渡っていない状態だと言えます。つまり、胃腸などの全身の内臓が弱っている夏バテのときには、髪の毛は栄養失調の状態だということです。暑いときには、特に薄毛に対しての注意が必要です。

冷たい飲み物で肥満になる可能性も

冷たい飲み物を飲むことが肥満に繋がるということはご存知でしょうか。冷たい飲み物の飲み過ぎが血流を悪くさせ、全身の臓器の機能を低下させることは先ほど触れましたが、内臓を冷やすことで、体内の働きがそれを守ろうとします。一体どのような働きなのでしょうか。

それは内臓に脂肪を蓄える働きです。内臓を冷やすことで、それを温めようと内臓に脂肪をつけやすくするように体内が働きかけます。内臓脂肪が付いた体は、少しの食べ過ぎで太りやすい体質になりやすいです。太ることで、高血圧や皮脂の過剰分泌など、様々な薄毛の原因につながります。気をつけましょう。

冷たい飲み物には注意

冷たい飲み物の飲み過ぎには血行不良や、それによる毒素の溜め込み。臓器の機能低下、肥満の誘発など、様々なデメリットがあります。暑いからといって飲み過ぎには気をつけましょう。

もしも髪の毛にダメージが現れたら育毛剤を使うのがオススメです。頭皮の状態を正常に戻すためにうってつけです。育毛剤を試す際には是非ジェネリックを使ってみてください。ジェネリックは通常の医薬品よりも安く手に入れることが出来ます。効果も確かで副作用の可能性も低いです。

また、輸入医薬品を手に入れてみるという手もあります。日本国内では買うことのできないものも輸入ならば購入できます。輸入医薬品はインターネットを使って入手することが出来ます。その際には信頼できるサイトを選ぶようにしてください。ジェネリックや輸入医薬品を使って冷たい飲み物の飲みすぎのデメリットを乗り越えましょう。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る