頭皮の二・オ・イ

頭皮のニオイが気になってしまうという方は意外と多いです。特にエレベーターや満員電車の中にいるときには、自分のニオイが周りの人に迷惑をかけているのではないかと感じてしまうこともあるでしょう。それでは、どうしてニオイが生じてしまうのでしょうか。

頭皮のニオイの原因とは

まず、髪の毛のキューティクルが剥がれた部分に付着してしまうというケースがあります。髪の毛はキューティクルによって守られています。しかし、キューティクルが剥がれた部分に付着してニオイがついてしまうことがあるのです。カラーリングや紫外線、パーマ、海水などの影響によってキューティクルは剥がれてしまいます。これによって、たとえば焼肉やタバコなどのニオイが付着してしまうのです。髪の毛が傷んでしまうとこのようなデメリットがあるため気をつけてください。

常在菌の繁殖

髪の毛にニオイがついてしまう理由として常在菌の繁殖があります。髪の毛の内部というのは汗がかきやすく、また湿気も多いです。このような環境というのは皮膚常在菌にとっては理想の場所といえるでしょう。そのため、常在菌の繁殖によって悪臭が生じてしまうことになります。ただし、皮膚常在菌には病原性はありません。そのため、病気になってしまったり、さまざまな症状で苦しんでしまうということはないのです。しかし、増殖してしまうとそれが悪臭を放つ原因となってしまうため注意しましょう。また、生活環境が変われば皮膚常在菌の種類も変わってしまいます。これによって、ニオイが変化することもあるのです。

頭皮の皮脂が酸化

他にもニオイの原因はあります。たとえば皮脂が酸化してしまうことによって、それが嫌なニオイとなってしまうのです。頭皮からは皮脂が分泌しています。それは顔の3倍ともいわれているいのです。頭皮の皮脂が酸化することによってニオイます。体内には活性酸素があり、他にも紫外線が原因となって皮脂が酸化することがあるのです。ノネナールという成分がニオイのもととなっており、これによって青臭いニオイがするようになります。しかも、このノネナールという物質は加齢によってどんどん増加することが分かっているため厄介なものとなっています。加齢臭とも関係しているのではないかとされているのです。

ニオイへの対策

それでは頭皮のニオイについてどのような対策をするべきなのでしょうか。まず油を使った料理を避けるべきでしょう。肉料理ばかり食べないようにしてください。また、シャンプーで皮脂を取り除き過ぎないことも大切です。

さらに育毛剤を使ってみると良いでしょう。これによって頭皮の環境を整えられるからです。その際にはジェネリックを使うと費用を安く抑えることができます。ジェネリックは通常の医薬品よりも安く販売されているのです。ジェネリックの医薬品は確かな効果も期待できて、副作用のリスクも少ないため、安心して使えるでしょう。

また、輸入医薬品で育毛剤を入手して使うのも良いでしょう。輸入医薬品であれば国内で入手することができないものでも普通に扱われているのです。輸入医薬品を購入することができるサイトがインターネット上に存在するため、気軽に注文することができます。ただし、サイトの信頼性や安全性には気をつけましょう。

育毛剤を使うことによって、頭皮の状態を良くしておけばニオイを防ぐことができます。もちろん、それ以外にも普段使っているシャンプーやその使い方に気を使ったり、生活習慣を改善することも大切です。さまざまな方法によって、頭皮のニオイが生じてしまうのを防ぐことができるでしょう。そうすれば、外に出ても自分の頭皮のニオイを気にする必要がなくなるのです。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る