抜け毛が気になったら盛りたい栄養

髪の毛を生やすためにはさまざまな栄養が必要となります。過不足なく栄養を摂取しなければいけないのです。もし抜け毛に悩まされているならば、特定の栄養が足りていない可能性があります。それではどんな栄養が必要なのでしょうか。

気になる抜け毛のために必要な栄養とは

まずタンパク質はとても重要です。一般的に人間は1日に体重1kgあたり1〜1.5gのタンパク質を摂取しなければいけません。これによって髪の毛をきちんと維持できるようになるのです。もし髪の毛に異常が生じているならば、タンパク質が不足している可能性があるため注意しましょう。体重1kgあたり1〜1.5gというのは、ダイエットをしていたり食生活が乱れていると満たせない可能性があります。体重1kgあたり1〜1.5gのタンパク質を摂取するための食生活を意識しましょう。

また、亜鉛も髪の毛のために必要な栄養素となっています。亜鉛によって新陳代謝を高めることもできます。亜鉛は髪の毛に必要不可欠です。さらに鉄も重要な栄養素となっています。こちらは赤血球と関わっています。鉄が不足することで抜け毛が増えてしまったり、白髪になってしまうかもしれません。鉄分も意識的に摂取しましょう。

これらの栄養素をしっかりと摂取するための食事としては、肉や魚、カキなどがおすすめです。また、卵は入手しやすくてこれらの栄養素をバランス良く摂取できるため重宝するでしょう。レバーも食べてみましょう。

その他の抜け毛の原因

夏場は紫外線が強くなってしまいます。それが原因となって抜け毛を引き起こしてしまうことがあります。夏季の紫外線ダメージは秋頃に影響が出ることが多いです。そのため、夏季の紫外線ダメージによって秋になると抜け毛が増えてしまうのです。

また、秋になると湿度が低下してしまいます。これは頭皮を乾燥させてしまうためあまり髪の毛に良い状態ではありません。秋の湿度低下による影響も注意してください。湿度の影響を防ぐためにはしっかりとケアをしましょう。頭皮が乾燥してしまうと髪の毛への影響がとても大きいのです。

頭皮には乾燥を防ぐために皮脂が存在しています。しかし、シャンプーによって皮脂を取り除きすぎてしまうことがあります。これによって皮脂のない状態となり、頭皮が急速に乾燥してしまうことになります。これによって抜け毛になってしまうこともあります。

気温の低下によって血流低下してしまうこともあります。血流低下によってきちんと頭皮に影響が届かなくなるため、髪の毛の発毛を妨げてしまうでしょう。このように抜け毛の原因というのは栄養以外にもさまざまなものが影響しています。

育毛剤を使う

抜け毛が気になる方は普段の食生活を整えるだけではなくて、育毛剤を使ってみましょう。ジェネリック医薬品ならば安い価格で買うことができます。ジェネリックのため、すでに効果が実証されている薬と同じ成分が含まれています。ジェネリックの医薬品は輸入医薬品としても購入することができます。輸入医薬品は海外で売られているものであり、日本よりも安いケースが多いのです。育毛剤にあまりお金をかけたくない方は輸入医薬品を試してみると良いでしょう。

育毛剤によって血流の低下を改善することができます。また、髪の毛や頭皮に必要な栄養素を直接送り込むことが可能です。これらの効果によって頭皮の環境は大幅に改善されていくでしょう。そうなれば元気な髪の毛が生えてくるようになります。抜け毛が気になるならば、育毛剤を使いながら、なおかつ食生活も意識して変えていくと良いでしょう。髪の毛というのはしっかりと栄養を補ってあげないと元気な毛が生えてこなくなるのです。栄養には気をつけてください。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る