ウーロン茶といえばあの国!そうえば、ハゲがいないかも・・・!!

中国人といえば薄毛のイメージがあまりないかもしれません。それは日本人にとっては憧れるものです。それではどうして中国人に薄毛の人がいないのでしょうか。それはウーロン茶に秘密があるとされています。ウーロン茶がどうして育毛効果があるのか見ていきましょう。

中国人は薄毛が少ない?

まず本当に中国人には薄毛が少ないのでしょうか。実は薄毛に関する世界的な調査が行われています。それによる薄毛率が最も低いのは中国であるというデータが出ています。ちなみに日本も比較的薄毛の人は少ないのですが、それでもアジアの国の中では薄毛率が最も高いというデータが出ました。したがって、やはり中国人は薄毛の人が少ないということが分かります。

そしてどうして中国人に薄毛の人が少ないのか考えた結果としてウーロン茶が注目されたのです。ウーロン茶というのは御存知の通り中国のお茶のことです。これを日常的に飲んでいる人が多いために薄毛にならないとされています。

ちなみに薄毛の多い国としてはチェコやスペイン、ドイツがランクインしていました。日本については過去に調査されたときと比較しても薄毛率が増加しています。そのため安心することはできないのです。アジアの国で薄毛が少ないのはそれだけ貧困な国が多いということでしょう。それでも中国に薄毛が少ないというのは注目に値する結果といえるでしょう。

烏龍茶の薄毛防止効果について

調査によるとウーロン茶の中にはウーロン茶重合ポリフェノール(OTPP)というものが含まれており、こちらには脂肪分解作用があることが分かっています。つまりウーロン茶重合ポリフェノール(OTPP)によって血液の中の脂質の量を減らすことができます。その結果として血流が良くなるでしょう。これによって頭皮に余分な脂質が溜まってしまうことを防ぐことができるのです。そうすれば頭皮はとても清潔な状態となるでしょう。発毛をするための良い環境が整うのです。

それではウーロン茶のウーロン茶重合ポリフェノール(OTPP)をどのようにして摂取すれば良いのでしょうか。その方法はとても簡単であり、食事の際にウーロン茶を一緒に飲むようにすれば良いのです。これならば誰でも実行できる簡単な方法となるでしょう。それだけでもウーロン茶重合ポリフェノール(OTPP)を摂取することはできるのです。すぐに始めることができるでしょう。

こちらについてはさまざまな研究が進められているのです。ウーロン茶エキスを上手く活用することによって育毛剤を作ることもできるかもしれません。ウーロン茶エキスというのはウーロン茶から抽出できるものです。このウーロン茶エキスに期待がかかっているのです。

烏龍茶の育毛効果

実はウーロン茶というのは以前から薄毛の育毛効果が注目されていました。それはウーロン茶にカテキンが含まれているからです。こちらが育毛効果を発揮してくれるのだと期待されていました。男性型脱毛症を引き起こしてしまう原因として5αリダクターゼという物質があります。こちらが男性ホルモンと結合することによって、ジヒドロテストステロンが生まれてしまいます。こちらが薄毛を引き起こしてしまうのです。そしてウーロン茶に含まれるカテキンがこの物質を抑制する効果があるとされていました。

このようにウーロン茶のカテキンにも薄毛を解消するための防止効果があるとされています。これに加えてウーロン茶重合ポリフェノール(OTPP)も薄毛に効果的なのです。したがって、ウーロン茶を日常的に飲むということはそれだけ大きな薄毛防止効果を期待できるということになるでしょう。薄毛のために飲むものを悩んでいるならば、ウーロン茶を飲んでおけば間違いないでしょう。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る