結局なにをしたらいいの?食生活、洗い方、遺伝、ストレス最も影響するものは?

薄毛の症状は同じでも薄毛の理由は人それぞれです。遺伝が原因の薄毛であったり、食生活が原因の薄毛、ストレスやシャンプーの方法、ドライヤーなどが原因の薄毛など色々な薄毛がありますので、しっかりと薄毛の原因を見極めてからでないと薄毛の治療は効果的に行う事ができません。

薄毛の遺伝子検査

最近では非常にリーズナブルな価格で薄毛の遺伝子検査ができるようになりました。遺伝子検査を行う事によって、男性型脱毛症を発症しやすいかどうかを測定する事ができます。2017年の7月現在、日本で行われている薄毛の遺伝子検査は、体のなかで男性ホルモンが送る情報をキャッチしてそれを体内に変換する「アンドロゲンレセプター遺伝子」を検査します。このアンドロゲンレセプター遺伝子に、CAGとGGCという塩基配列が何回繰り返されているかを調べる検査を行います。AGAの専門クリニックで検査する事ができますが、最近ではネット通販などで検査キット購入し、自宅で検査する事ができる物もあります。

食生活が原因の薄毛

食生活が原因の薄毛の場合には、もちろん食生活を改善するなど生活習慣見直しが必要になります。生活習慣見直しとは具体的にどのような事をするのかと言うと、油の多い食事メニューではなく、しっかりとバランスよい食生活を送る事です。油が多いメニューは、肥満は頭皮の血流を悪くするので頭皮環境を悪化させ薄毛の原因になります。また食べる時間もあまる遅い時間に食べてしまうと、成長ホルモンが頭皮に行かずに食べた物を消化するのに使われてしまいますので、薄毛になってしまいます。

ニコチンが原因の薄毛

ニコチンが原因で薄毛になる事もあります。ニコチンは、体内に入り込んでしまうと、自律神経を刺激しますので血管を縮小させてしまいます。血管が縮小してしまうと、頭皮に必要な栄養素が行き渡りませんので髪の毛を生やすエネルギーが足りなくなってしまいますので薄毛に繋がります。また、ニコチンは体内のビタミンを破壊してしまいます。ビタミンEは、血行を正常に保つ効果がありますので、育毛にとても重要なのですが、ニコチンによって阻害されてしまいますので、薄毛になってしまいます。

薄毛の最新治療法

薄毛の最新治療法は、人ぞれぞれの症状に合わせて選択する事ができます。昔のように画一的ではありませんので非常に効果があります。2017年の7月現在において、最新治療法として人気となっているのがバンパイアPRP、ミノキシジル、レーザー治療、FUE法、幹細胞治療、ヘアクローニング、毛髪再生などです。それじれ特色もかかる費用も異なりますので、人それぞれベストな最新治療法は異なりますが、しっかりと症状に合わせて選ぶ事ができますので非常に効果的です。値段が安いから、よく広告を見るからなど安易な考えで薄毛の利用方法を選んでしまうと、お金と時間のムダになってしまいます。また、今後も色々な薄毛治療法が登場すると思いますので、どの薄毛治療法を選ぶのかはしっかりと情報収集を行う事が重要になります。

薄毛の原因は人それぞれなのですが、最近では色々な薄毛の治療方法が確立されつつありますし、同時に薄毛の治療薬も進歩しております。また、薄毛の治療薬もかなりの種類が登場しており、症状に合わせて使用する事ができます。特に最近ではインターネットの普及により個人でジェネリック輸入医薬品を輸入する事も可能となっておりますので選択肢の幅は広がるばかりです。ジェネリック輸入医薬品は、国内の物よりもかなりリーズナブルな上に、効果は同じになっておりますので、個人輸入さえ苦でなければかなりおすすめです。ジェネリック輸入医薬品は、お金のかかる薄毛治療においてもライフスタイルの邪魔にならない程度の出費でチャレンジする事ができます。これまで高くて薄毛治療を諦めていた方でも気軽にチャレンジする事ができますのでおすすめです。もちろん生活習慣見直しも重要ですので同時にチャレンジするようにしてください。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る