便秘と薄毛とマイナス思考??一体どんな関係があるのか!?

最近では、男性の方だけでなく、女性の方も薄毛で悩んでいる方が増えて来ております。女性の薄毛にも色々な理由がありますが、最近では、薄毛の悩んでいる方で便秘になっている方の割合が増えて来ており注目されております。そこでこちらのページでは、薄毛と便秘の関係についての情報をご紹介します。

抜け毛は腸が汚れているSOSかも

腸が汚れていると便秘になったり、下痢をしたり、おならの臭いが強くなってしまったりします。腸の汚れはそのまま放置してしまうと酷い便秘になってしまったり、汚れた血液が増えてしまったり、悪玉菌が繁殖したりと悪い影響を与えてしまいます。昔から便秘は万病の元と言われていたように、便秘になってしまうと、悪玉菌が繁殖し、汚れた血液が全身を巡ってしまいます。また、腸の中で便秘になって腐敗した有害物質も腸から身体全体に巡るようになります。便秘になると免疫力が落ちてしまいます。免疫力の低下は、生命活動に重大なトラブルとなります。その為、免疫力が劣った事により、生命活動にとって重要な所に集中的に栄養を送るようになりますので、生きて行く上で影響力の少ない髪の毛などにいくはずだった栄養素が他の部分にいってしまいますので、髪の毛が栄養失調になってしまい薄毛になってしまいます。

便秘で血液が汚れると

便秘で血液が汚れてしまうと血球の弾力が少なくなってしまいます。汚れた血球は形が変わりませんので血管を上手に通る事が出来なくなってしまいます。健康な髪の毛はさらさらと流れるのに対して、汚れた血液は流れが悪くなりますので上手に栄養素や酸素を行き渡らせる事ができません。同時に二酸化炭素や老廃物などを排出する事も苦手になってしまいますので、代謝力がかなり悪くなってしまいます。代謝力の悪化は老化に直接的に繋がってしまいますので、薄毛の原因になります。

便秘とセロトニン

セロトニンは、腸を規則的な活動をアシストしてくれます。また、セロトニンは心のバランスを取るのにとても重要な役割を担っております。ストレスは、代謝力を低下させ薄毛の症状を悪化させる原因ともなりますので、セロトニンが少なくなってしまうと便秘を引き起こし、ストレスも増えますので両方から薄毛を進行させてしまう事になります。

便秘を改善する為に

便秘を改善するためには、腸内環境をしっかりと整える事が重要になります。最初に行って欲しいのが食生活の改善です。高タンパク、高カロリーになりやすいお肉やパン、乳製品などが中心の食生活では悪玉菌が増殖してしまいますので、野菜やお米など和食が中心の食生活に移行するようにしてください。お味噌汁や納豆は汚れた腸を綺麗にしてくれる効果があります。また、代謝力をキープするためにも体を冷やさない事が重要になります。体が冷えてしまうと善玉菌の活動も阻害されてしまいますので注意が必要になります。出来れば、便秘薬を使わないで改善するのがおすすめです。便秘薬は無理矢理腸内を刺激して排出するような事が目的の薬ですので、どうしても腸内にダメージを残してしまいます。もちろん、どうしても駄目な場合には、仕方が有りませんが、常用しないように注意が必要になります。

薄毛用のジェネリック輸入医薬品を使っていても中々効果が現れないという方は、便秘の症状を改善する事をおすすめします。便秘になってしまうとどうしてもジェネリック輸入医薬品の効果が十分に発揮できませんので、まずは便秘改善を意識した食生活を送る事がおすすめです。また、運動などもとても効果的な便秘改善の方法になりますし、代謝も良くなりますのでアンチエイジングにもおすすめです。ジェネリック輸入医薬品ばかりに頼りっきりの方の場合には、ぜひチャレンジしてみてください。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る