たまごの印象撤回します!!

以前までは、卵の食べ過ぎはコレステロール過多になりやすく、病気になるなどの情報が当たり前でしたが、最近の研究結果によって、卵の摂取基準見直しが行われ、一躍健康食品の仲間入りになりました。元々、卵には高い栄養素が豊富に含まれている事が知られておりますので、この摂取基準見直しは、健康志向の方やダイエットにチャレンジしている方にとって、かなり魅力的なニュースになりました。また、最近では、卵に含まれている卵白ペプチドが発毛・育毛効果がある事も研究の結果、認知されるようになってきておりますので、リーズナブルな価格で発毛・育毛効果を得られるのでとても人気があります。そこでこちらのページでは、摂取基準見直しによって再び注目を集めている卵に含まれている卵白ペプチドの発毛・育毛効果の情報についてご紹介します。

消えた卵のコレステロール摂取基準

コレステロールは、これまで血中コレステロールの濃度が上がってしまうと成人病や動脈硬化などの原因になるために、卵の摂取基準が定められておりました。そのため、これまでは卵は一日二個までという上限が定められておりました。しまし、日本人の食事摂取基準2015年度版からは、この卵の摂取基準見直しが行われ削除されました。理由としては、コレステロールは元々吸収量に個人差があること。体内でコレステロールが生成されるのですが、食事から吸収される割合は非常に低い事。過剰摂取さえ気を付ければ、食事によるコレステロールの吸収量が増えても、その分、体内の合成量を減らす事ができるのでバランスが取れる事などが主な理由となっております。削除されたのは食事性のコレステロールでそれ以外の分野については削除されていませんがこれは大きな出来事でした。

卵白ペプチドの発毛・育毛効果

卵に含まれている栄養素は、髪の毛を生成する上で不可欠な成分がバランス良く配合されております。特にミネラルやセレニウム、鉄分、亜鉛、硫黄などがバランス良く配合されておりますので、薄毛に悩む方はしっかりと摂取する必要があります。中でも卵白ペプチドは、低脂肪ながらも、消化吸収性に優れた良質なタンパク質が豊富にふくまれておりますので、発毛・育毛効果が期待できます。その為、最近では、栄養補給や血行促進の効果を期待して卵白ペプチドが豊富に含まれた育毛剤であったり、育毛シャンプーなどが販売されております。

発毛・育毛効果の最も期待できる卵の食べ方

卵は卵焼きや目玉焼きだけでなく、卵かけごはんや茹で卵など色々な調理方法で食べる事ができます。それぞれ調理方法や味が違うだけでなく、摂取する事ができる栄養素の割合も異なりますので、薄毛対策をしっかりと行うのでしたら、調理方法までしっかりと考えながら食べる必要があります。卵を発毛・育毛効果を期待して摂取しようと思ったら、白身と黄身をかき混ぜるのはNGとなります。その為、卵かけごはんや卵焼きはNGになります。また、生で卵を食べると火を通していない白身の部分の栄養素でもあるアビジンは、生の状態で他の物質と結合すると離れなくなる性質があります。これが黄身のビオチンと結合してしまうとビオチンの体内への吸収が阻害されてしまいます。その為、半熟の茹で卵か目玉焼きが最も発毛・育毛効果の期待できる食べ方になります。

薄毛用のジェネリック輸入医薬品には、卵白ペプチドが含まれたジェネリック輸入医薬品が増えて来ております。ジェネリック輸入医薬品以外にも育毛シャンプーや育毛剤、育毛サプリメントなどにも含まれるようになって来ております。また、日常生活においても卵はリーズナブルで非常に買いやすい食べ物ですので、薄毛の方にとってはありがたい食材となっております。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る