みんな大好き!辛いもの、油っこいもの危険です!!!!!

男性の方だけでなく、女性の方も悩んでいる方が増えて来たのが薄毛です。最近では20代の方でも薄毛に悩んでいる方が増えて来ており社会的な問題になって来ております。最近では薄毛のメカニズムが徐々に解明されており、しっかりとケアする事によって薄毛は解消されるようになって来ておりますが、色々とお金がかかる事もありますし、面倒な事も多い現状です。その為、常日頃から薄毛対策を意識して生活するのが重要になります。

薄毛対策は辛いものを避けるた方がよいの?

薄毛には辛いものを避けるというのが常識と言われてきました。薄毛で無い人でも辛いものは髪の毛にあまり良くない影響があるという事くらいは耳にした事があると思います。しかし、2017年の7月現在においては、この常識は非常識になりつつあります。辛いものの代表は唐辛子だと思います。唐辛子の辛味成分はカプサイシンというもので、このカプサイシンを食べると体温上昇を始め発汗作用や体脂肪分解促進、血行促進、食欲増進、免疫力アップ、抗菌作用などの作用があります。この発汗作用という所が問題で、大量の汗をかく事によって頭皮が不潔になってしまうと思われており、長い間頭髪に悪影響を与えると思われてきたのですが、近年の研究結果によると、育毛に効果があるといわれているインスリン様成長因子-1=IGF-1の分泌を増やすための方法として、カプサイシンとイソフラボンの摂取が挙げられています。カプサイシンとイソフラボンを同時に摂取することで、知覚神経が刺激され、IGF-1が増えます。これにより、辛いものを食べてもしっかりとシャンプーなり頭皮ケアを行えば、むしろ育毛効果が高いという事がわかってきたのです。

食生活は油っこい物を避けよう

それでは、どのような食べ物が薄毛に悪影響を与えるのかというと、ずばり油っこい物です。油っこい物ばかりの食生活ですと、どうしても薄毛になってしまいます。油っこいメニューの多い食生活だと、そのまま皮脂の分泌量が油の量に比例して増えてしまいます。皮脂分泌は頭皮保護のためにある程度は必要なのですが、必要以上に分泌されてしまうと頭皮に悪影響を与えてしまいます。特に脂性の皮脂の場合には、抜け毛が増え脂漏性脱毛症になるおそれがあります。また、頭皮だけではなく、油分の多い食生活は血液をドロドロにしてしまいますので、血流が悪くなり髪の毛に必要な酸素や養分が頭皮に届けられなくなってしまいます。結果的に油分が多い食生活は薄毛の症状を悪化させてしまうという事に繋がるのです。

前頭部の薄毛と頭頂部の薄毛

薄毛には複数のタイプがあり、前頭部の薄毛と頭頂部の薄毛では原因が異なります。前頭部や周辺部から薄くなる前頭部の薄毛は陰性の薄毛になり、頭頂部から薄毛になるのは陽性の薄毛になります。陰性の薄毛の原因で多いのが、砂糖や果物、ジュース、清涼飲料、水分、アルコールなど陰性に分類される身体を冷やす食べ物や飲み物の過剰摂取が原因と言われております。これに対して頭頂部から薄くなる陽性の薄毛の場合には、肉や魚、卵、チーズなどの動物性食品、塩分など身体を温める陽性の飲食物の過剰摂取が原因と言われております。最近では前頭部から薄くなる陰性の薄毛と頭頂部から薄くなる陽性の薄毛のそれぞれにあったジェネリックの輸入医薬品が多数登場しております。

ジェネリックの輸入医薬品は、一般の物よりもかなりリーズナブルです。日本では未発売などの物もあり、個人輸入によって入手している方もいらっしゃいます。しかし、ジェネリックの輸入医薬品は当たり外れがありますので、しっかりとレビューなどを調べた上で購入するようにしてください。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る