ダイエットのつもりが薄毛へまっしぐら!?隠れた正体とは!

「ノンカロリーの人工甘味料なら太らない!」、「栄養がないからダイエットになりそう」などと考えがちですが、人工甘味料の甘さは砂糖の200倍とも言われます。脳がこの甘さをカンチガイして、余計に甘さがほしくなるというような指摘もされています。また、人工甘味料の中毒症状なども話題にのぼっていますから、いっそう注意が必要です。さらに、ダイエットと薄毛の関係についても考えてみました。

ノンカロリーの人工甘味料

そもそもノンカロリーならいくら食べても太らないというのも、私達は「カロリーゼロ」の意味をカン違いしています。食品の場合で100グラムにつき5kcalまで、飲料の場合は100mlあたり5kcalまでなら、「ノンカロリー」や「カロリーゼロ」といった表示が許されています。たとえば、500mlのペットボトルのノンカロリー飲料を飲むと、最大で25kcalものカロリーが含まれているかもしれない、ということになります。私達は、「苦労することなく、普通に食事しながら痩せたい!」などと思ってしまいますが、やはり甘いものを食べる際には注意が必要です。いくらカロリーが少ないからといっても、ダイエット食品を大量に食べすぎれば太るということでしょう。

人工甘味料の中毒症状

人工甘味料には、中毒症状が出ると言われており、飲めば飲むほど甘みがほしくなります。最近は健康志向から、カロリーゼロのお菓子なども販売されていますが、カロリーゼロのお菓子を食べて、ノンカロリー飲料を飲んでいるからといって油断はできません。特に、「ダイエット食品を食べて太った」と言う人は、何か誤解しています。「ダイエットコーラ」などの「ダイエット」と表示してある商品にも注意が必要です。これは飲んで痩せられるという意味ではなく、通常のコーラに比べてカロリーが低いという意味でしかありません。このように商品名を自分の都合の良いようにカンチガイしてしまうそうなものが売られていますから、注意した方がよいでしょう。

ダイエットと薄毛

太りすぎると、皮脂の分泌が激しくなって薄毛になることもありますが、極端なダイエットを行うことで栄養状態が悪くなり、そのせいで薄毛になってしまうこともあるようです。一口にダイエットと言っても、いろんな方法がありますから、極端な食事制限を伴うダイエットはやめた方がいいかもしれません。無理なダイエットで栄養状態が悪くなると、髪の毛のような末端まで栄養が回らなくなります。また、血行不良を起こすと、頭皮に栄養を送っている血管が弱くなり、これも髪の毛に栄養が届かなくなる原因のひとつです。血行が良くなる食事やマッサージなどを行って、栄養状態を良くすることが薄毛予防になります。

ジェネリックの輸入医薬品

ダイエットによる栄養補給を補うものに、サプリメントがあります。手軽に上質な栄養の取れるサプリメントほど値段が高くなってしまうため、ジェネリック(後発医薬品)を利用した方がよいでしょう。輸入医薬品を扱っているサイトで、ジェネリックを注文することができます。すべてのサプリメントがジェネリックの輸入医薬品になっているわけではありませんけど、近年は育毛に関する輸入医薬品の数が増えており、種類が多くなっていますからジェネリックのサプリメントも探しやすくなっているようです。

太りすぎも薄毛に悪いということなので、適度なダイエットが必要になります。しかし、ダイエットのための栄養不足には気をつけた方がよいでしょう。「ノンカロリー」や「カロリーゼロ」などといった言葉にはだまされずに、一般的な低カロリー食品でダイエットを行い、ジェネリックのサプリメントなどで適度に栄養補給しましょう。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る