さぁ今すぐ実践!あなたもフサフサ習慣を手に入れよう!

薄毛を防ぐには、食生活や睡眠、運動などの規則正しい生活を行う必要があります。過食やお酒の飲みすぎなどで食生活が乱れたり、仕事が不規則なため寝不足に陥ることがあります。また、煙草なども控えた方が、血行が良くなるでしょう。規則正しい生活を行った上で育毛剤のサプリメントなどを利用することで、髪の毛に足りない栄養を補うことができます。

不健康な生活

不健康な生活を行っていると自然に、頭皮の状態も悪くなりますから、規則正しい生活を行うことが大切です。栄養不足も良くありませんけど、過食もまた、薄毛の原因となります。とくに薄毛になりやすい食品を長く食べ続けていると、抜け毛が増える原因になりかねません。過食で肥満することも、頭皮の皮脂の分泌が過剰になりがちで抜け毛が増えたりします。薄毛になりやすい食べ物ですが、油分の多い食事をしていると、皮脂の分泌量が多くなります。脂っこい食材の摂りすぎで血液がドロドロになれば、それだけ血行も悪くなってしまいます。運動嫌いで甘いものが好きだったりすると、それもまた太る原因になります。太りすぎないように適度に運動を行い、過食に気をつけましょう。

薄毛と寝不足

睡眠時間が足りない寝不足の状態だと、髪の毛がダメージを修復する時間が少なくなります。また、寝不足で男性ホルモンの分泌が増えるとも言われており、それが薄毛の原因となるようです。どれぐらい眠ればいいかですが、寝る時間より眠りの深さにも関係があります。一般的に、午後10時から午前2時までは「ゴールデンタイム」と呼ばれており、この時間帯に眠ると成長ホルモンが多く分泌されます。毎日8時間以上寝ているにもかかわらず疲れが抜けない場合は、睡眠の質が悪い可能性があります。短時間でも寝起きが良く、ぐっすり眠れているようであれば、睡眠時間は足りているということができるでしょう。

お酒と煙草の関係性

飲酒と薄毛の関係ですが、お酒を飲むと肝臓でアルコールは分解されます。肝臓がアルコールを分解する際に、髪の成長に必要な栄養が奪われて薄毛の原因になります。また、煙草と薄毛の関係としては、煙草に含まれている「ニコチン」が血管を収縮させて、十分な栄養が頭皮に運ばれにくくなります。お酒にしても煙草にしても、十分な栄養が足りなくなることで髪の毛が薄くなります。また、お酒や煙草によって「テストステロン」や「ジヒドロテストステロン」などの男性ホルモンが増加することで薄毛になるとも言われます。

育毛剤のサプリメント

育毛剤のサプリメントが、ジェネリック(後発医薬品)として販売されています。輸入医薬品の代行業者が、多くの育毛剤のジェネリックを取り扱っています。輸入医薬品の代行業者のおかげで育毛剤のサプリメントを、安く個人輸入することができます。どの育毛剤のサプリメントを利用するかですが、サプリメントタイプの飲む育毛剤と塗るタイプの育毛剤があります。塗るタイプの育毛剤は、頭皮に直接働きかけることができ、飲む育毛剤はカラダの内側からじわじわと効いてくるタイプの育毛剤です。安価なジェネリックを利用して、定期的に塗るタイプの育毛剤を使い、サプリメントタイプの飲む育毛剤をサブ的にご利用になると良いかもしれません。

育毛剤のジェネリックを輸入医薬品の代行業者から安く仕入れることができますが、育毛剤のサプリメントを飲むだけでは薄毛を解消することはできません。育毛剤のサプリメントを飲んでいることで安心してお酒を飲みながら、煙草を吸っているようではプラスマイナスゼロです。お酒と煙草を控え、寝不足を防ぎ、規則正しい生活を行うことで、育毛剤のサプリメントが効果的に働きます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る