知ってた??発毛成分が豊富な食材はあの豆だった!!

薄毛に効果的な食材と言えば、緑黄色野菜や納豆、レバー、チーズなどがあります。これらは、大豆イソフラボンと亜鉛が含まれている食材ですが、その中でも特に発毛効果が期待できる食材は何か知っていますか?実は何よりも、「黒豆」が薄毛の方の味方だったのです。ジェネリックや輸入医薬品を服用してAGA治療を行っている方は、さらに育毛効果のある食材を知っておきましょう。

黒豆の「アントシアニン」が発毛の素

黒豆はイソフラボンやアントシアニンの他、ビタミンB群、ビタミンE、亜鉛、鉄分など多くの栄養素を持ち合わせています。特にアントシアニンは発毛にはうってつけの成分で、黒豆の黒い皮の部分にだけ含まれているのです。ブルーベリーやナスの皮にも含まれているアントシアニンですが、これはポリフェノールの一つになります。ポリフェノールには抗酸化作用があり老化を防いでくれる成分で、血糖値上昇や内臓脂肪の蓄積を抑制する効果もあります。これは活性酵素というものを除去してくれるからですが、この活性酵素は髪の毛にとって大事な母細胞の働きを悪くしたり、血流を阻害したりするのです。言わば、薄毛の方の天敵である活性酵素。アントシアニンは発毛の味方であり、体を病気から守ってくれる優れものでした。

発毛の素は「イノシトール」にも

髪の毛に効果的な成分はアントシアニンだけではありません。黒豆には、イノシトールという成分も含まれています。AGA治療でジェネリックや輸入医薬品の他に頭皮には柑橘類が効果的とよく言いますが、主にオレンジやグレープフルーツなどの柑橘類に代表される成分です。基本的にはビタミンと同じような働きをしてくれて、さらに動脈硬化の予防や神経細胞の健康にも役立ちます。神経細胞が正常に保たれれば神経系の伝達も活発になるため、頭皮トラブル、抜け毛の減少に繋がるのです。

黒豆+「カプサイシン」でより効果的に

ただ黒豆を食べるだけでも効果は期待できますが、一緒に食べ合わせてより効果が得られるものがあるならば、ぜひ知っておきたいところ。そこで紹介しておくべき成分が「カプサイシン」と呼ばれるものです。発毛には「IGF-1」という成分が必要であり、これを作れるのはCGRPという物質です。カプサイシンは頭皮の知覚神経を刺激し、CGRPという物質の分泌を促します。さらにイソフラボンを摂取することでCGRPを増やしてくれるのです。そのため「イソフラボン+カプサイシン」の組み合わせは髪の毛にとって最強の組み合わせと言えるでしょう。カプサイシンは唐辛子の辛み成分なので、七味唐辛子やラー油など唐辛子から作られている食品にはカプサイシンが含まれています。黒豆とどのように合わせたらいいのか困りそうですが、おススメしたい食べ方が「黒豆納豆+キムチ」です。黒豆納豆はその名の通り黒豆から作られた納豆で、普通の納豆よりも少々値段が高くスーパーで仕入れているところとそうでないところがあります。しかし通販では簡単に手に入る食材でキムチも身近なものなので、ぜひお試しください。

黒豆は育毛に効果的な大豆イソフラボンや亜鉛の他、アントシアニンとイノシトールも加わって最強の薄毛対策と言えるのではないでしょうか。お正月のおせち料理で出てくる黒豆ですが、一時的にではなく毎日食べることが大切です。スーパーやコンビニで誰でも簡単に購入することができる上、煮豆が真空パックになって売っているため買ったらすぐに食べることができ、とても便利です。煮豆の汁にもアントシアニンが溶け出しているので、豆だけでなく煮汁も一緒に飲むとより効果的かもしれません。AGA治療でジェネリックや輸入医薬品を使用していても、薬剤に害を与える食材ではないのでぜひ食事に取り入れてみてください。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る