今宵も飲んでフサフサになろう!焼酎の隠された育毛効果とは?!

お酒がお好きな方に朗報です。AGA治療といえば、ジェネリック輸入医薬品など薬での治療でしか効果が得られないと思っていませんか?実は、育毛効果のある食料品に焼酎が注目されているのです。アルコールは一般的に体に悪いというイメージがあり、たしかに過剰摂取すると抜け毛の原因となるなど悪影響を及ぼします。これはお酒を「飲む」という形で取り入れた場合ですが、他の取り入れ方も実践すると髪の毛には良い影響を与えてくれるのものです。これからご紹介する焼酎の使い方は、最近薄毛が気になっている方でも気軽に試せますし、AGA治療を行っている方は合わせて行うとより効果が期待できるでしょう。

どうして焼酎なのか

お酒は頭痛や肩こりなど肉体的疲労を和らげるだけでなく、ストレス解消にも役立つと言われています。これはお酒に「ウロキナーゼ」というタンパク質を分解してくれる酵素が含まれているからです。「ウロキナーゼ」には血栓を溶かし血液をサラサラにする効果があるため血流を良くし、血行を促進してくれます。中でも「ウロキナーゼ」が多く含まれているお酒が焼酎。血行促進効果も他のお酒を摂取するより高いと言えます。抜け毛は血行不良が原因の一つ。AGA治療で使用されている「ミノキシジル」も血行を良くする効果が備わっています。ジェネリック輸入医薬品などを使用する前に、血流を良くしておくことは育毛への第一歩なのです。

効果的な焼酎の接種方法

焼酎はもちろん飲んで摂取しますが、さらに育毛に効果的な使い方があります。1つ目は焼酎の匂いを「嗅ぐ」こと。焼酎そのものだけではなく香りにも血行促進効果があり、5分ほど嗅ぎ続けると良いそうです。ただし、直で嗅ぎすぎると気分が悪くなってしまうこともあるので、あまり匂いがきつくならない程度の状態で嗅ぐのをおススメします。2つ目の使い方は頭皮に直接「塗る」ことです。スプレーボトルに焼酎を入れて霧吹きのように頭皮に吹きかけてから、軽く頭皮をマッサージします。少々刺激が強い場合は、水で薄めて使用しても大丈夫です。3ヶ月以上経過してしまうと効果が薄れてしまうので、なるべく3ヶ月経たないうちに早めで使い切ってください。この方法は、頭皮に直接焼酎の成分を吹きかけるため、この中では最も効果が期待できます。焼酎だけではなく、育毛促進効果のある柑橘類やアロエ、卵の薄皮などを合わせてオリジナルの育毛剤を作るのも良いでしょう。

発毛に期待できる「牛乳焼酎」

育毛剤にアルコール(エタノール)が使用されているものは多々ありますが、中には焼酎から作った商品もあります。大和一酒造元から発売されている「牛乳焼酎 牧場の夢」です。牛乳から作られた焼酎なので「飲む」ものなのですが、実際に一升瓶だけではなくスプレータイプ版も売られているため頭皮に塗ることもできます。テレビや新聞などメディアでも取り上げられた商品で、発毛効果の体験談が数多くあるので試してみる価値はありそうです。

焼酎は二十歳以上ならば誰でも手に入るもので、お酒好きの方にとってはとても身近なものです。取り入れ方に難しいことは一切なく、その上ジェネリックや輸入医薬品と似たような効果が得られるので、軽度の抜け毛でお悩みの方は手が出しやすいのではないでしょうか。ただし、焼酎に育毛効果を期待するならば、大事なのは適量を守ることです。血流を良くすると言っても、それは飲みすぎてしまっては全く意味がありません。逆に薄毛を悪化させる原因になったり、頭皮だけではなく体の各臓器、器官にさまざまな病気をもたらす可能性があったります。飲む場合は適量を考え、他にも匂いや育毛剤としての使用も合わせて行うと良いでしょう。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る