皮まで食べて!リンゴの発毛効果に期待大!!

一時期ダイエットなどで注目された美容効果の高いリンゴですが、最近ではその高い発毛効果などが注目されており、薄毛に悩んでいる中年男性の方が毎晩のデザートに食べているなど、多くの方がリンゴの発毛効果に期待しております。リンゴは発毛効果の他にもダイエット効果などもある上にフルーツの中でも入手しやすく、非常にリーズナブルなことなどもありますので、ジェネリックや輸入医薬品との併用もおすすめできるフルーツになっております。

なぜリンゴに発毛効果が期待できるのか?

リンゴに発毛効果が期待できる一番の理由は、リンゴに豊富に含まれているリンゴポリフェノールです。このリンゴポリフェノールという栄養素は、他のポリフェノールと比較しても非常に高濃度の抗酸化作用があることでも知られています。中でもプロシアニジンという成分が発毛効果だけでなく、育毛効果も期待する事ができるのです。あまりプロシアニジンという栄養素が耳慣れない方も多いと思いますが、このプロシアニジンという栄養素は緑茶などに含まれているカテキンが結合して出来たポリフェノールの一種です。最近になって発毛効果があると重宝されているブドウにも、このプロシアニジンが含まれております。このプロシアニジンが強烈に発毛を促すのです。

なぜリンゴを選ぶのか?

実はプロシアニジンをはじめとするポリフェノールは、他のフルーツにも含まれており、当然の事ながらブドウにもしっかりと含まれておりますので、リンゴポリフェノール以外にも発毛効果が期待でくる栄養素を含んでいるフルーツなどの食品はあります。しかし、なぜここまでリンゴの発毛効果に期待する方が多いのかというと、リンゴには沢山のプロシアニジンが含まれているため、非常にコストパフォーマンスが高いからです。リンゴに含まれているポリフェノールのおよそ65パーセントが発毛効果のあるプロシアニジンという事で、よりリーズナブルな価格で発毛効果を得たいという方にとってリンゴは無くてはならない存在になっているのです。

リンゴに含まれているプロシアニジンの効果

リンゴには高濃度のプロシアニジンが含まれている事が、研究の結果、明らかになってきました。このプロシアニジンは、頭皮の血行を良くする効果があります。薄毛に悩んでいる方の多くが頭皮がカチカチに固まっており、しっかりと髪の毛まで栄養がいきわたらないので髪の毛自体が細くなってしまっております。また、毛根部分にも必要な栄養素が届かない状況になっておりますので、髪の毛が上手に生えない状況にもなっております。しかし、リンゴポリフェノールの中に入っているプロシアニジンは、血液をサラサラにしてくれる効果がありますので、これまで中々流れなかった血管でもしっかりと流れるようになっております。他にもリンゴに含まれているプロシアニジンには、とても強い抗菌作用もあります。この抗菌作用によって、頭皮の毛穴につまってしまいやすい雑菌や皮脂、老廃物などの細菌の繁殖を防ぐ効果もあります。

リンゴで発毛効果を得るためには、しっかりと皮の部分まで食べることが重要になります。プロシアニジンはリンゴの皮に含まれていますので、皮をむいて食べてしまうと発毛効果を実感する事はできません。もしリンゴ特有の酸味などが苦手だという方は、ジューサーなどで皮ごと砕き、はちみつなどと一緒に飲むようにすると、無理なく服用する事ができるようになります。ジェネリックなどの輸入医薬品と併用する事でより実感する事も可能です。ジェネリックなどの輸入医薬品や発毛シャンプーなどを服用しても発毛効果が実感できないような方は、毎日皮ごとリンゴを食べる事にチャレンジしてください。その際には、リンゴを食べるからジェネリックなどの輸入医薬品の服用をストップするのではなく、併用するのがおすすめです。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る