空腹は最高の育毛剤??絶食により免疫システムを改善しよう!

食の欧米化や、仕事内容などのライフスタイルの変化、ストレスへの免疫など日本社会は、ゆっくりとライフスタイルが変わってきています。その過程の中で、若くして薄毛に悩んでいる方が増え始め大きな問題になってきています。様々な育毛剤であったり、AGA治療薬などは登場し、最近では積極的に輸入医薬品などを使用したり、海外でしか販売されていない薄毛に効果のあるジェネリック医薬品などを個人輸入されている方が増えてきており、市場は徐々に拡大してきています。そんな中でも特に薄毛に悩んでいる方が注目しているのが空腹が育毛に効果的だという事です。なぜ空腹が育毛に効果があるのか分からない方も多いと思いますので、空腹と育毛効果の関係についてご紹介します。

薄毛の原因は乱れた食生活?

AGA治療に病院を訪れると、決まって担当医の方から言われるのは食生活の改善です。日本人が薄毛に悩むようになった要因のひとつの食生活の乱れがあります。ファーストフードやスナック菓子などカロリーが高く栄養素が少ない物を食べ続けてしまうと血液中の脂肪分がどんどんと増えてしまい、サラサラ血液からドロドロ血液に変化してしまします。油や糖質、脂質が多い食生活を続けると、血液の血管壁に脂肪分や老廃物が溜まってしまい、血管が縮んでしまい健康な血管が本来持っている筈の弾力性がなくなってしまいます。そのような状態になると血行が悪くなる症状が現れ必要な栄養や酸素が血液を通して髪の頭皮に行きにくくなってしまいます。十分な酸素や栄養素が行きわたらない頭皮は、健康的な髪の毛を生み出す事ができない上に、現在生えている髪の毛も維持する事ができずに抜け落ちてしまうのです。

空腹時間は発毛効果が期待できます

これに対して空腹には発毛効果があります。空腹の時間が続くと体内ではグレリンという物質が出てきます。このグレリンは、空腹時間が長ければ長いほど多く生成され、グレリンによって刺激された知覚神経からCGRPと言われる物質が放出されるようになります。実はこのCGRPと言われる物質には、血管拡張などの作用がありますので、CGRPの効果によって拡張された血管によって大量の血液を頭皮に送る事ができますので、頭皮に酸素や栄養素を十分に行き渡せる効果があるのです。また、空腹時間が長ければ長いほど知覚神経を刺激する時間もふえてきますので、空腹の時間が長い時に生成される育毛や発毛の効果が期待できるIGF-Iの因子を増やす事も確認されており、CGRPとIGF-Iの因子の両方の効果により薄毛対策を行う事ができるのです。

育毛剤や病院に頼る前に

現在、薄毛に悩んでいる方の中には高価な育毛剤を購入したり、個人輸入でジェネリック輸入医薬品などに頼りっきりの方が増えていますが、ジェネリック輸入医薬品などに頼る前に出来る事は沢山あります。特に今回紹介している食生活の改善は、お金をかけずに気軽にチャレンジすることができる方法ですので、誰でも簡単にAGA治療を行う事ができます。逆にいえば、どんなに頑張ってAGA治療を行っていても、食生活の改善を行わなければ効果は半減してしまうという事なのです。

食生活の改善はいきなり全てを変化してしまうとストレスにも繋がりますので、例えばお昼を食べる時にラーメンから和定食に代えたり、スナック菓子の量を少しずつ減らしたり、コーヒーを微糖に帰るなど少しずつ変化させるだけでも効果があります。腹八分目にしておく事で、集中力を高める事もできますし、ダイエットにも効果的です。基本的にAGA治療に効果のある事は、健康にも大きく左右されるようになっておりますので、AGA治療を行いながら健康になる事も可能です。ジェネリック輸入医薬品だけに拘らず併用してチャレンジしてください。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る