あの話題のキャピキシルより高い効果が期待される「Algas-2(アルガス-2)」とは何か!?

キャピキシルというのは育毛成分の一種であり、大きな発毛効果を期待できるために注目されている成分です。こちらは天然草の抽出エキスから得られる物質がベースとなっており安全性が高いとされています。カナダの化粧品会社によって生み出された発毛成分であり、主な成分はアカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド3です。この二つの成分が組み合わさったものをキャピキシルと呼びます。

アセチルテトラペプチド3とは

アセチルテトラペプチド3というのは細胞修復作用を持っている物質であり、これが毛母細胞の復元に効果を発揮するのではないかと期待されているのです。アカツメクサ花エキスは男性ホルモンの生成を阻害する効果があるとされていて、これによって脱毛を防ぐことができると期待されているのです。この二つの成分が組み合わさっているために発毛や育毛において大きな効果を期待できるのです。従来よく用いられていた育毛成分よりも高い効果が期待できるとされているのです。AGA治療においてとても注目されていたのですが、最近はalgas-2というあらたな物質が注目されるようになっています。

キャピキシルよりも効果があるとされているalgas-2とは

Algas-2は海藻エキスをベースとした新しい育毛成分のことです。さまざまな海藻エキスを加えることによって高い育毛効果が期待できるようになりました。従来の育毛成分よりもさらに高い効果を実感できたという人が多いのです。これによってAGA治療の世界はさらに発展していくことが期待されています。Algas-2によってFGF-7という物質の生成が促されるとされています。FGF-7というのは細胞の分泌や分裂をサポートする働きを持っていて、毛乳頭細胞から分泌されることが分かっています。Algas-2が髪を生やすための物質の産生を促しているのです。

昔から髪の毛には海藻が良いとされていました。現代の科学によって具体的に海藻に含まれているどの成分が髪の毛に対して効果を発揮しているのかが分かるようになってきたのです。海藻の中から有効成分を抽出してそれを育毛剤に応用することによって、高い育毛効果を得られるようになりました。ただしAlgas-2が生み出されてからまだ日が浅いため本当に確かな効果を期待できるかどうかはこれからの研究を待たなければいけないでしょう。今後はどんどんこの研究が発展していき、これまでにない新しい育毛剤が生み出されるようになるかもしれません。そのような時代が来ることを楽しみに待ちましょう。

ジェネリックや輸入医薬品でAGA治療

現在、たくさんの育毛剤が登場しています。それらはAGA治療の現場において大活躍しているのですが、病院で医師から処方してもらう以外にも自分で通販で購入することもできます。海外からの輸入医薬品として買うこともできるのです。ネット通販を利用することによって輸入医薬品を簡単に入手できるようになりました。輸入医薬品としての育毛剤や発毛剤は日本で市販されているものよりも強力だったり、価格も安かったりするため上手く活用することによってメリットがあるのです。ただし、自己責任で使わなければいけないため、どのような成分が含まれていてどんな副作用が存在するのかは自分できちんと確認しておきましょう。

また、ジェネリック医薬品にも注目してみてください。特許の切れた医薬品の成分を真似たものがジェネリック医薬品なのです。ジェネリックの場合は薬の価格に開発費用を含める必要がないため安くなっています。成分はすでに存在している薬とまったく同じであるため高い効果を得ることができるのです。このジェネリックの育毛剤を活用することによって、育毛のためにかける費用を節約することができるでしょう。今後はいろいろなジェネリックが登場することが予想できます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る