まさか!?永続的に発毛可能の「17型コラーゲン」とは!

コラーゲンと効くと、お肌の健康に欠かせない成分というイメージを持っている方も多いと思いますが、近年の研究によってお肌だけでなく毛髪の生成にも関与していることが明らかになりました。関係してくるコラーゲンの名前は「17型コラーゲン」。実はコラーゲンの種類はより細かく分けることができ、これまでは1型から5型までのコラーゲンが美容にも関係していることもあり特に注目を浴びてきました。今回新発見された17型コラーゲンは毛髪のもととなる毛母細胞に影響を及ぼす存在で、これが不足することによって白髪や薄毛化が進行されることが分かりました。コラーゲンは年齢を重ねるにつれて徐々に減少していき、17型コラーゲンもその例外ではなく、つまり加齢と共に薄毛化や白髪化が進行するというわけですね。17型コラーゲンは毛包幹細胞と色素幹細胞の土台をなすため、毛髪が作られない、もしくは毛髪の色素が薄れて白髪が作られてしまうことにつながるのです。

17型コラーゲンを補うことは可能か?

それでは、白髪化や薄毛化の進行を食い止めたり予防したりするためには17型コラーゲンの減少をいかに止められるかが重要になってくるわけですが、食事によって補うことは可能なのでしょうか。現在研究が進んでいる真っ最中ではありますが、実は17型コラーゲンの減少を食い止めることは不可能とされています。コラーゲンを口から摂取したとしても体内で分解されてから吸収されるため、食事に取り入れたとしても食い止めることはできません。豚や鶏などの軟骨に17型コラーゲンが含まれているものの、これを食べたとしても効果は期待できません。また17型コラーゲンは人工的に生成することは今のところ不可能です。重要なことは体内の17型コラーゲンの量をいかに減少させないか、という点にあり、他の薬によって減少を食い止められる可能性はあるため、食事やサプリメントという方法ではなく薬という他のアプローチ方法によって、この研究結果が薄毛化や白髪化予防のために活用される予定です。

現段階ではAGA治療薬が有力な存在

それでははたして、薄毛は泣き寝入りする他はないのでしょうか。薄毛化はまだまだ謎が多く、そのメカニズムが解明されていない部分も多いです。現段階で分かっていることは、AGA(男性型脱毛症)の存在で、多くの男性はこれが原因で薄毛化が進行してしまっているということです。AGAとはDHT(ジヒドロテストステロン)が毛母細胞に対して毛髪生成の活動を休止させる指示を出すことによって薄毛化が進行してしまうという症状で、DHTが体内に多く発生すると抜け毛も多くなってしまうことが分かっています。AGA治療薬はこのDHTの発生を抑制させるための薬で、服用することによって高い薄毛治療効果が期待できます。代表的なAGA治療薬はプロペシアですが、この薬は特許も切れたことによってジェネリック医薬品も作られるようになりました。輸入医薬品のプロペシアやジェネリック医薬品のエフペシアやフィンペシアといった薬を活用することがAGAの基本的な治療方法となります。

薄毛化の原因は生活習慣にもある

薄毛化が進行してしまう原因はAGAのように単に体質的な問題だけでなく、基本的な生活習慣にもあることが分かっています。特に食生活は重要で、カロリーの高い食事や糖分の多い食事、脂の多い食事を日常的にしていると薄毛化が進行する傾向があります。また睡眠時間についても、深い睡眠を取れていなかったり、睡眠時間が短かったりすると薄毛化が進行する原因となります。予防をするのであれば、まずはこういった基本的な生活習慣から改善していく必要があるというわけですね。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る