プラセンタには育毛効果があるってホント?!

AGA治療はだいぶ一般的になってきて、男女問わず、また比較的若い層でも興味を示す人は多いようですが、育毛効果がはっきりと実感できるようになるためにはしっかりと専門家に相談しながら治療をAGA治療を行なう必要があります。

プラセンタって一体なに?

AGA治療の中ではなにかと難しい横文字、外来語のカタカナが飛び交っていますが、その中の一つがプラセンタというものかもしれません。これはそもそもなんのことを指しているのでしょうか?プラセンタとは基本的に日本語で胎盤のことを指しています。胎盤から成分を抽出したものをプラセンタエキスと呼びます。この成分には美容や健康、疲労回復や育毛効果に優れているものが多く含まれているとされていて今注目されています。実はプラセンタの中には豚や馬、羊から取られたプラセンタエキスも存在していて、そうした商品も多く出回っているのですが、人の胎盤から抽出したプラセンタエキスのほうが人間の身体になじみやすいとも言われています。ヒトプラセンタは医薬品なので、化粧品やサプリなどに気軽に使用できるものではないようです。

プラセンタで育毛効果を期待

医療機関で薄毛治療をおこなう場合にこのヒトプラセンタを用いる場合があります。注射という方法でプラセンタを注入するわけですが、場合によってはカプセルタイプの内服薬を処方してもらうこともできるようです。これは保険適用外になりますので、自費でおこなう治療となります。そのためまだ薄毛の症状がしっかり出ているわけではないものの、予防としてプラセンタ治療をしたいといった要望にも応えることができます。もちろんどんなケースでも医療機関でしっかりと相談をしたうえでおこなう必要があります。

プラセンタが頭皮に及ぼす影響

ではどんな仕組みでこの成分が薄毛治療に効果があるとされているのでしょうか?実はプラセンタにはホルモンを調整する働きがあり、薄毛の原因となる男性ホルモンを抑えたり、心身のストレスを軽減して薄毛や抜け毛の原因を抑えることもしてくれるようです。さらに血行の促進や保湿効果もあり、頭皮の環境を良い状態に整えるのにも一役買ってくれるそうです。結果的に発毛や育毛のための良い土台を据えることができるということのようです。医薬品を利用するときにはこうした成分が働く仕組みも理解しておくほうが良いでしょう。

ジェネリックの輸入医薬品で薄毛対策

なかにはジェネリック医薬品や輸入医薬品を用いて薄毛問題の解決を目指す人もいます。ジェネリック医薬品だと費用を安く抑えることができますし、輸入医薬品だと国内の薬局では手に入らない、育毛効果が高い製品を手に入れることもできるかもいしれません。もちろん輸入医薬品の場合だと日本で認可を受けていないものなどもあるかもしれません。それで特に輸入医薬品の使用を考えている場合などは医療機関や専門家の意見をしっかりと求めて使用することが大切になってきます。AGA治療でよく使われているもののなかにも特定の持病がある人などが使用すると害になる可能性があるものもありますので、必ず医師の判断を仰ぐべきものもあります。

プラセンタにもジェネリック医薬品や輸入医薬品がありますので、ヒトプラセンタを使用してみたいと考えていた方はそうした情報もしっかりと取り入れて、専門家のアドバイスもよく聞いてからトライするようにしてください。AGA治療の需要は増えており、多くの情報が散乱しているのも事実です。実際のところ100人が100人同じ薬や同じ治療法が合うわけではないので、自分のAGAの進行状況や体質なども考慮して適切な治療を選ぶようにしましょう。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る