大豆イソフラボンで抜け毛を予防し育毛を活性化しよう!

エストロゲンと同じ働きをする

HV161_L大豆イソフラボンは、エストロゲンという女性ホルモンと同じような働きをしてくれることから、更年期の女性の悩みや女性ホルモンに大きく関わりのある、乳がんや子宮体癌などを予防すると言われています。

また男性にとっても前立腺の病気など、ホルモンが関係している病気に効果があるとされているため、男女関わらずすべての人に、健康のためにも摂取を勧めたい成分と言えます。

乳がんに関しては、さまざまな見解があり、大豆イソフラボンはリスクになるという説もありますが、食品安全委員会の2006年の発表以降は、イソフラボンに乳がんのリスクを高める作用はないという説が主流となっています。

もちろん、摂りすぎで別の弊害を引き起こすことはありますが、サプリメントの用法を守り、食事も極端に大豆製品ばかりに偏ることがなければ、健康な人が摂る分にはそんなに問題となることは少ないでしょう。

女性ホルモンと同じ効果を持つ成分が体内で増えるということから、大豆イソフラボンは抜け毛予防や髪の健康にも効果が期待されています。

薄毛の効果のある大豆イソフラボンの食べ方とその働きを知り、この強力な助っ人をうまく利用して、育毛を促進させましょう。

大豆イソフラボンの入っている食べ物や食べ合わせにも注目です。

大豆イソフラボンが男性ホルモンを抑制

大豆イソフラボンは、体内環境の変化など必要に応じて女性ホルモンと同じような働きをします。
それによって男性ホルモンを抑制して、髪の発育に良くない原因となる成分になるのを防いでくれるのです。

また、カプサイシンとの合わせ技で、発毛、育毛を促進することもできます。

研究によって一定の結果が出ている

大豆イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをすることから、髪の毛の悩みに効果があるとされています。

イソフラボンの女性ホルモン同様の働きをすることは、それにより疾病の予防にも効くという厚生労働省の研究からも明らかになっています。

また育毛研究で有名な医学博士によっても、カプサイシンとイソフラボンの同時摂取などの研究が進められています。

大豆イソフラボンの発毛への働き

大豆イソフラボンに含まれる成分や、カプサイシンとの併用について詳しく見て行きましょう。

また、イソフラボンを含む食材を知り、積極的に摂取するようにしましょう。

大豆イソフラボンの働き

phm05_0801-s大豆イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと同様の働きをするとして考えられています。

エストロゲンというのは思春期の女性に多く分泌される、女性らしい体型や女性の美しさや健康を司るもので、思春期をピークに減少していきます。

年齢とともに薄毛が気になりだすのもこの為と言われています。

また妊娠後に急激に抜け毛が増えるのもエストロゲンが一時的に減少するためです。

大豆イソフラボンはこのエストロゲンの減少に合わせて働きだし、同じ効果をもたらします。

女性の髪だけでなく、男性にも効果があります。
大豆イソフラボンは男性ホルモンを押さえてくれるため、男性型脱毛症を改善します。

大豆を筆頭に植物にはこうした作用を持つ物質が含まれていることがあり、この物質を植物エストロゲンと呼びます。

通常エストロゲンは経口摂取しにくく、同様の効果を持つイソフラボンに期待が集まっています。

カプサイシンンと同時摂取の効果

2009年に新しい発毛法として発表されて以来、カプサイシンと大豆イソフラボンの同時摂取が注目されています。

カプサイシンとは唐辛子などに含まれる辛味成分で、これの刺激が頭皮にも良い効果を及ぼすとされています。カプサイシンがIGF-1というインスリン成長因子を増やし、このIGF-1が毛乳頭を活性化して毛母細胞の成長を促すというのです。

カプサイシンがIGF-1を増やすのに必要な成分はCGRPといい、こちらは大豆イソフラボンが増加を促します。

男性型脱毛症にも効果が認められ、この治療薬として有名なプロペシア(フィナステリド)との併用でさらに有効と言われています。

プロペシアは男性ホルモンが毛の発育を妨げる物質に変わりにくくする成分があり、主に脱毛を止める役割をしているのに対し、カプサイシンと大豆イソフラボンの方には主に発毛の効果があるため、併用することで髪が抜けにくく、生えやすい状態を作ることが出来るというわけです。

とはいえ、カプサイシンの摂り過ぎは反対に抜け毛を増やしたり、胃腸障害を起こしたりすることがあります。

あくまで刺激物ということを忘れずに適量を守りましょう。

イソフラボンの入った食材

イソフラボンは主に大豆製品、つまり納豆や豆腐、豆乳などから摂取することができます。

豆乳はこれら大豆製品の中でも吸収しやすい状態となっており、抜け毛が気になる人は効率よく大豆イソフラボンを体に取り入れることができます。気軽に牛乳の代わりとして飲むことができて、植物性のタンパク質も豊富です。

また豆腐はイソフラボンだけでなく、髪を育てる成長ホルモンが多く含まれ高たんぱくの食べ物です。

和食の味付けに良く合い、低カロリーメニューに利用しやすい食材でもあります。

大豆イソフラボンで抜け毛・疾病の改善

大豆イソフラボンは過剰摂取やその人の疾病や体質によってはリスクが考えられます。

しかし、日常の自然な食事からの摂取を心がけていれば、薄毛や抜け毛の改善ばかりかさまざまな疾病の予防や美容への効果も期待できます。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る