食事と飲み物を見なおして抜け毛対策

食べ物だけでなく、飲み物にも注意を

phm21_0877-s薄毛や抜け毛を予防したり、進行を遅らせたりする対策として、育毛剤やシャンプーの他に食事療法などを取り入れるのが一般的です。

食事というのは体内に栄養分を取り入れるための大切な行為。少しでも体に良いものを食べ、髪に良いものを食べようと努力している人は多いことでしょう。

食べ物の重要性は研究や臨床データでも現れており、素人考えでも大切なのは理解できますが、食事のお供であり、もう一つの人間にとって大切な栄養補給ともなる飲み物についてはおろそかにしている人が多いのではないでしょうか。

飲み物も人の体に定期的に入る大切なものです。

しかし、食べ物に気を付けている人でも、飲み物まで考えが及ばないということは多く、総合的な意味での食事療法をするには片手落ちとなっていることが良くあるのです。


飲み物は人の体内に取り込むものとしては、食べ物よりもはるかに嗜好性が高く、普段から自分が飲んでいるものに対してはあまり意識がいかないことが多いようです。

また、一日3回が一般的である食事とは違い、「のどが渇いた」といった自分の欲求や特に水分を欲していなくても、休憩のついでに口に運ぶことなどから、摂取する頻度がかなり高いこととなります。

そんな飲み物ですから、何を選ぶかをいい加減にしてはいけません。

抜け毛の原因となる飲み物もある

嗜好性の高い飲み物にはアルコールや刺激物を含んだものがありますが、これらの中には髪や頭皮、毛根に悪い成分や摂りすぎると抜け毛を進行させる可能性があります。

過度な摂取を控えたり、他のもので代用するなど工夫次第で量を減らしたり飲まずに済ませられるのであれば、それが一番の対策です。p>

アルコールやカフェインが髪に影響

アルコールは、分解させることでAGAの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)に変わる性質をもち、カフェインには成長因子を抑制する働きがあると考えられています。

嗜好品としてアルコールやコーヒーといった飲み物を飲む機会の数だけでなく、その量によっても影響が考えられます。

抜け毛と飲み物の関係について考察

食べ物と同様に体に大きな影響を与える飲み物。ここでは、アルコール・カフェインと飲み物の関係についてご紹介します。

酒は百薬の長か、万病の元か?

fod013-s春の花見に夏のビアガーデンや年末の忘年会シーズン、お酒が好きな人にとっては年中行事は楽しみなものです。

そんなアルコール好きが注意しなくてはいけないのは、もちろん、飲みすぎです。肝臓に負担をかけるだけでなく、アルコールは回りまわって頭皮や髪にも悪い影響を与えることがあります。

しかし、体に良くないからやめなさい、とは一概には言えません。

酒は百薬の長などと言われますが、これは適量を守った場合のみ当てはまります。髪にとってもそれは同じことで、多量の摂取はいけませんが、適量であれば血行を促進しますし、お酒の種類によって良い成分を楽しく摂取できるチャンスともいえます。

適量を守ることが大切

ビールには大麦、赤ワインにはポリフェノールの一種であるレスベラトロールが入っており、これらは発毛効果をもたらします。

日本酒は飲んでもいいけれど、直接頭皮に塗ることでも効果があるという説もあります。ビールで500ml、ワインはその半分の250ml程度、日本酒は1合から2合くらいが適量ですが、飲むことを勧めているわけではないので注意を。

同じ成分を摂取したいのであれば、他の飲み物や食べ物で探せば良いのです。血行の促進についても「アルコールでも効果がある」というだけで、「アルコールが良い」というわけではありません。

アルコールは肝臓で分解される時にアセトアルデヒドを発生させますが、これはAGAの原因成分であるジヒドロテストステロン(DHT)を増加させると言われています。

飲みすぎた時にアセトアルデヒドは無害化される前に血中に紛れ込んでしまうことがあるのです。AGAの元となる成分を増やす危険もお酒にはあることを忘れないようにしなくてはいけません。

適量を勧め、飲みすぎを戒めているのは、このためです。

カフェインは抜け毛対策の敵か味方か?

アルコールと同じく、嗜好品として好まれており、やはり飲み過ぎに注意したいのは、カフェインを含んだ飲み物です。

カフェインというのはお茶やコーヒーに含まれているイメージですが、最近では眠気予防としてドリンク剤などにも多く使われるようになっています。

主なカフェイン含有の飲み物は、コーヒー、緑茶、紅茶、ウーロン茶などです。カフェインは髪の毛の成長を促進させる成長促進因子の作用を抑える働きを持っています。

健康なヘアサイクルを乱す原因となり、薄毛を引き起こす恐れがあります。

ところがその反面、緑茶のカフェインはジヒドロテストステロンを阻害するという研究結果もあり、カフェインも一方的に悪者扱いしにくい存在です。

髪に良い食生活を!

刺激物を多く含んだものやアルコール飲料など、飲み物には体や髪に良くないものも存在しています。

悪いものを排除することとともに、髪に良い成分を含んだものを選んだり、より栄養分を摂りやすい工夫をしたりして食事と合わせた総合的に髪に良い食生活を築いていきましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る