ミネラルで解消!抜け毛と戦う人の大きな味方である亜鉛

美容にも健康にも栄養素が大切

phm06_0476-s人の体を支える栄養素はたくさんあり、それらをバランスよく摂取することは体調を整えたり、美しさを保ったりするためにもとても大切なこととなります。

とはいえ、普段の食事だけで摂取することは思ったよりも大変で、その上何気ない生活習慣のためにせっかく摂取した栄養素を減らしてしまっている可能性もあります。

栄養素によってそれぞれに適している摂取方法や、より効果的に活かす栄養素同士の組み合わせによって工夫して体に取り入れることが、より健やかな体を作るためには必要になります。

また、せっかく摂取できた栄養素を生かすことなく減少させてしまうこともあります。

特にこの現代社会においてはストレスや不規則な生活リズム、汚れた空気など体を健康に保ちにくい状況が私たちを取り巻いています。

抜け毛や肌荒れなどの悩みもそんな現代社会の生み出した原因によるものが少なくありません。そんな悩みを解消するためには、やはりバランスの良い栄養の摂取とそれを生かせるような環境を整えることが一番です。

このような現代社会では大変難しいことではありますが、科学の進歩という産物ももたらした現代の良い点も十分に生かして、食品だけでなくサプリメントなども利用してこれらの悩みを解消することも可能となります。

では、どのような栄養素、サプリメントを摂取するのが良いのでしょうか。

亜鉛の摂取と食べ合わせに注意

育毛や肌を作る栄養素、亜鉛は食事とサプリメントを生かした摂取により十分な量の摂取が可能です。

また、生活習慣や環境によって減少してしまう恐れもあるため、より亜鉛を生かしやすい環境を整え、食べ合わせにも気をつけるとさらに有効です。

体に必要な栄養素を効率的に知る

科学技術庁資源調査会が作成している食品標準成分表などは必要な栄養素を効率よく知ることが出来る資料となります。

食品に含まれている栄養素がわかる資料などで調べ、自らの普段の食事を見直すことができます。もちろん、亜鉛に関する記述もあります。

亜鉛の効能と摂取方法

亜鉛にはどのような効果・効能があり、どのような摂取方法が適切なのかを見て行きましょう。正しく摂取し、育毛効果を効率よく得てください。

抜け毛予防のための亜鉛の役割と効果

亜鉛というミネラルは、人の体を作るために大きな役割を担っています。

それはタンパク質の合成を助けるというものです。髪の毛に限らず、内蔵や血管、皮膚など人体はタンパク質からなっています。

亜鉛はケラチンというタンパク質を合成してこれらの組織に変えてくれます。タンパク質の摂取できる食べ物をいくら摂取しても、それを髪の毛に変えてくれる亜鉛がないことには無駄となってしまうのです。

抜け毛を気にしている人もタンパク質には注意しますが、それでも効果がないという場合には亜鉛不足を疑う必要があります。

亜鉛を含む食品類と必要な摂取量

phm03_0130-s亜鉛を摂取するためには、それを多く含んでいる食べ物を多く食べることは一番自然な取り方ですが、亜鉛は食べ物からの摂取にあまり向いていない栄養素でもあります。

食べ物からの吸収率があまり良くないのです。

しかし、亜鉛は一方で摂り過ぎによって体に外を及ぼすこともあるので、サプリメントなどで補おうとする場合には過剰摂取にも気をつけなければいけません。

亜鉛を多く含んでいる食べ物は、

  • 牡蠣
  • ピーナッツ、くるみ、アーモンドなどのナッツ類
  • レバーなどの肉類
  • 乳製品
  • 大豆製品

などで、その多くのものがタンパク質も多く含む食品となっています。しかし、食べ合わせや一緒に含まれている他の栄養素が吸収を妨げたり、体外へ多くの亜鉛を輩出してしまったりもするのです。

必要な摂取量は成人で10mg程度となっており、育毛のためにはさらに多くの量が必要とされます。ただし、1日あたり50md以上の摂取を続けると体に悪い影響も心配されますので、単にたくさん摂ればいいというものでもないことを忘れないようにしましょう。

育毛への亜鉛の上手な生かし方と食べ合わせ

亜鉛を効率よく摂取し、育毛に生かすためには、それを多く含むものを食べるだけでなく摂った亜鉛を無駄にしないよう食べ合わせに気をつけることがポイントです。

また、ストレスや飲酒といった亜鉛を多く必要とする生活環境を変えて、その分の亜鉛を髪のために使えるようにすることも大切です。

gum03_ph06041-s亜鉛は食べ合わせによって、摂取しても吸収が妨げられ、排出されてしまう恐れがあります。

肉類や大豆製品は亜鉛を多く含みますが、肉類と合わせて食べることが多い緑黄色野菜に含まれるシュウ酸は亜鉛の吸収率を下げます。

また、大豆製品にはそれ自体に亜鉛を吸収しにくくするフィチン酸が含まれます。

食物繊維には亜鉛を排出する働きがあります。反対に吸収率を上げるためには、動物性タンパク質や食物繊維の影響を抑えるクエン酸を一緒に摂ることが効果的です。

クエン酸の働きを助けるビタミンCの存在も大切。カキフライにレモン汁という組み合わせは美味しさだけでなく育毛のためにも良いのです。

亜鉛を習慣に取り入れて育毛に良い生活を

亜鉛を効果的に摂取して抜け毛予防に活かすためには、食べ物や生活習慣を変えることが必要です。意識的に摂取しなくては摂りにくい成分ですが、上手に取り入れられる工夫をして苦にならないやり方で続けましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る