さまざまな食材から摂る栄養素は育毛にも体の健康にも有効

私たちの体を作るする食物

imasia_14046230_M

私たちの体を構成する骨や筋肉、内臓に皮膚など、あらゆる組織は普段食べているものにより機能し、正しく代謝が繰り返されることによって健やかな状態が保たれています。

その生体機能は勝手に行われているわけではなく、食物によって摂取できる栄養素が有効に働くことで初めて成り立つのです。

これは、毛髪が生えるサイクルにも深く関係しており、さまざまな食材から得られる栄養素によって健康な髪が維持できるわけです。逆に、それらの栄養素が欠如することでより影響が出やすいのも毛髪であると言われ、薄毛の原因には男性ホルモンの影響の他にこうした栄養素が不足することが深く関わっているとされています。

逆に言えば、薄毛を予防もしくは改善するためには、育毛に必要な栄養素を十分に摂ればよいと言えるわけです。

そのためにはバランスのよい食生活を送ることはもちろんですが、育毛を促進させるための栄養素を積極的に摂ることで、さらによい影響を期待できます。

発毛・育毛の両面を考えて食べる

強くて美しい髪を生やし、しかもそれを育てていく過程をまとめて考えるとき、発毛と育毛の2つの観点から考える必要があります。毛髪がきちんと生えてくること、さらに生えた毛をずっと健康に保つことの両面を意識しなければ、薄毛の解決に近づくことは困難です。

そして、毛髪を生やすのに効果的な栄養素と、強く保つのに必要な栄養素がそれぞれにあり、どちらも欠かすことなく体内に取り入れることがカギとなります。

男性ホルモンに起因する薄毛であるAGAの場合、それらホルモンの働きを抑制する治療が必要となりますが、それ以外に原因がある場合は、体の中に取り入れた有効な栄養素が働くことによって健康な髪を維持できると考えられています。

毎日食べる食材から育毛ができる

栄養素をどのように取り入れるかというと、日常生活で身近にある食材を食べることによって可能となります。

特に薄毛に効くとされる食材はいくつかあり、毛髪を生やすと言う観点からも、育てるという観点からも、それぞれに効果を発揮してくれます。

不足している栄養素をサプリメントなどで補給するのもよいですが、毎日3食を食べているのですから、その食事の機会に有効な食材をたくさん摂るように心がけた方が効率的と言えます。

サプリメントを購入する費用がかからない分リーズナブルです。

発毛に必要な亜鉛を運ぶクエン酸

imasia_13830556_M

亜鉛やカルシウム、鉄分に銅といった各種ミネラル分は、体内のあらゆる組織を形成するのに多大な割合を占めています。そのため、正常な生体機能を保つのに必要な5大栄養素の1つにも数えられ、欠乏するとさまざまな不具合をきたします。

その中でも特に発毛を促進する要素として有効な亜鉛は、体組織の主な構成物質であるタンパク質の生成を助けるだけではなく、代謝活動としての細胞分裂の働きを促進させる働きも担います。つまり、毛髪を積極的に作るだけではなく、スムーズに育てて伸ばしてくれる効果が亜鉛にはあるのです。そして、その運搬を補助するのがクエン酸というわけです。

ミネラルがもたらす力

クエン酸によって運ばれる、ミネラルの一つである亜鉛は、体内の骨格や筋肉、内臓組織の機能維持に必要な酵素活性をもたらす物質として知られ、私たちの体が正常に機能するために必須です。

亜鉛は酵素活性の性質から細胞分裂を促進させる過程にも深く関わるとされ、それはもちろん発毛にも言えることです。つまり、毛髪の生成や健康な育成に大きな功績をもたらすのが亜鉛というわけです。

毛髪を構成しているタンパク質はケラチンですが、ケラチンが毛髪の成分となるまでには、摂取したタンパク質をアミノ酸に一度分解し、そこからケラチンとして再構築される必要があります。亜鉛は、タンパク質がアミノ酸に分解される過程と再構築の過程にいずれも必要な栄養素であり、毛髪を育てるためには亜鉛はなくてはならない存在なのです。

また、その他のミネラルも髪にとって重要です。それらも、クエン酸の働きによって、吸収されやすくなります。

クエン酸が育毛に良いとされる理由

これら毛髪の育成に必要不可欠であるミネラル群は、ただ体内に入れただけでは有効に吸収されません。

ミネラルを血中にうまく取り込むためには、有機化合物と結合(キレート結合)することが求められます。

その有機化合物としてクエン酸が挙げられ、クエン酸と各種ミネラルがキレート結合することによって血中に取り込まれやすくなるのです。つまり、育毛にクエン酸がよいとされる理由は、育毛に必要なミネラル分を体内に導いてくれる役割を果たすためというわけです。

クエン酸の摂取方法

育毛・健康の両面に有効な作用が期待できるクエン酸。日常生活から積極的に摂取していくことが望ましいと言えるでしょう。

クエン酸が含まれている食品として代表的なものとして、レモンやグレープフルーツをはじめとした果物類が挙げられます。毎朝の食事や、食後のデザートにミックスフルーツジュースやフルーツの盛り合わせを摂取するのも良いでしょう。また、梅干しやお酢にもクエン酸は豊富に含まれています。

煮物に酢をプラスすると、食材を柔らかくする効果がありますし、味にもアクセントが生まれるため、そういった摂取の仕方もおすすめです。

ビタミンと併せてさらに効果的に

クエン酸が育毛に役立つといわれる理由は、それぞれ毛髪の生成に役立つミネラル分の吸収をサポートする役割として機能するからです。

クエン酸の働きをより活発にするビタミンB6や、キレート結合を促進させるビタミンCと一緒に摂取するとより効果的です。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る