育毛のためにはバランスよい食生活を

ケア剤だけでは限界がある

いつからか、どんどん薄毛が進行してしまっているという方も、最近になってよく毛が抜け、生え際や頭頂部が薄くなっていてびっくりしているという方も、頭髪の変化にあせりを感じながら、何とか対策を打たなければと四苦八苦しておられることでしょう。

現在では、ドラッグストアにも育毛関係のケア剤などが数多く並べられるようになっており、その種類自体はかなり品揃えです。

それらの種類を片っ端から試してみても、劇的に効果のあるものには出会えず、歯がゆい思いをされたことも多いのではないでしょうか。

このように広く市販されているケア剤の中には、その効能が確かに認められている医薬品は非常に少なく、「効果が期待できる」という認識の医薬部外品に分類されるものがほとんどです。つまり、確実に効果を発揮する商品にはなかなか巡り会えないというのが現状です。

薄毛は結局自分の体のメカニズムを整え、根本的に解決していかなければ改善は望めません。

仮に薬品などで調子を持ち直したとしても、メカニズムから改善していなければもとのもくあみというわけです。

体のメカニズムを整えて薄毛を防ぐ

薄毛になってしまう原因には、

  • 毛穴に汚れや過剰な皮脂分が詰まっている
  • 血行が滞っているために栄養分が行き渡りにくい
  • 頭皮が固くなって毛が生えるのを阻害している
  • ホルモンの影響などで毛根周辺組織の機能自体が休止状態になっている

などさまざまなものが挙げられます。

これが、原因不明の難病かのように扱われていることもありますが、ホルモンや脂質異常などの疾患に分類される要因でなければ、ある程度自身の体のメカニズムを改善することで快方に向かうことも十分考えられるのです。

食生活を整えて育毛につなげよう

DX104_L発毛は、私たちの体で行われているさまざまな生体機能の1つです。これが正常に稼働するために必要な生活を送っていれば、少なくとも薄毛の進行を食い止めることができます。

そのためには、食生活を整え、バランスよく栄養分を摂ることで、体が正常に機能するように仕向けることが必要というわけです。

育毛のための食生活とは

より健康的な毛髪の育成を自発的に行えるようにするには、まず食生活を見直してみることをおすすめします。

体が潤えば、頭皮や毛根のメカニズムにもよい影響を与えられるはずです。ここでは、育毛と食生活の関係について詳しく説明します。

薄毛のメカニズムとは

薄毛の中で特に男性に多いと言われるAGAは、男性ホルモンから生成される物質であるジヒドステストステロンの影響によって発生するという説が一般的であり、これは遺伝的要素も大きく関わっているとされています。

もしAGAによる薄毛であれば、薬剤などによる治療が必要です。

それ以外の原因といえば、頭皮に十分な血流が行き渡っていない、毛穴に過剰な脂質や老廃物が溜まっている、単純に栄養不足である、ストレスによって生体機能全般が停滞している、などといったものが挙げられます。

いずれも、健康な発毛サイクルを続けることを阻害する原因ばかりであり、こうした原因を抱えている場合は、体全体に不調をきたしていることも少なくありません。

食事によって改善できる理由

男性ホルモンが関与する以外に薄毛の原因があるとすれば上記のようなものとなりますが、こういったことが原因であれば、規則正しい生活や適度な栄養補給である程度改善に導くことができます。

私たちが普段営んでいる生活、特に食生活に関しては、ただ満腹感を得るだけではなく、体の生体機能を正常に保つ大きな役割を担っています。いくらたくさん食べても、その栄養バランスが偏っていれば、体の随所に悪影響を及ぼしてしまうのです。

その悪影響を被る箇所の1つが頭髪であり、生体機能を保つ食事ができていないことで血流の停滞や脂質異常、栄養不足などを引き起こし、毛髪の育成をも阻んでしまいます。

逆に言えば、栄養バランスのとれた食事をきちんと摂っていれば、これらの現象がかなり改善されるはずということです。

薄毛を改善する食生活とは

gum07_ph02052-s今薄毛を引き起こしている原因が血流・脂質・栄養不足といったことであれば、これらを改善する食事を摂ることが一番となります。まずは血流をスムーズにするために、血管拡張作用や軟化作用があるとされるビタミン類やアミノ酸を多く含んだ食品を摂るとよいでしょう。

また、脂質が毛穴に溜まるのを防ぐために、単純に脂肪分の過剰摂取を控えることが求められます。

血中の脂質が高くなることで皮脂分泌が増えるだけではなく、血液そのものの質もドロドロになるため、血流の阻害にもつながってしまいます。脂質を抑えることでそれらを防ぐことができるのです。

そして、毛髪を造り出すために必要な栄養素とされるタンパク質を適度に摂ることや、またタンパク質が効率的に毛髪の成分に変換されることをサポートする亜鉛など、ミネラル分の補給も欠かせません。

さらに、それらが正常に機能するための栄養素も併せて摂ることが大切です。つまり、必要な栄養素をバランスよく摂取し、必要な栄養素とその機能を正常に発揮するための栄養素を同時に体内に入れることで、初めて生体機能が活性化し、育毛へとつながります。

発毛は体の正常なメカニズム

発毛は特別な機能ではなく、体の正常なメカニズムの一環です。

体を健康に保つ食生活を心がけることで、育毛への効果も期待できます。

 

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る