長風呂に入ってついでに薄毛予防しちゃおう!

寒くなると手足が冷えてしまう冷え性の人は、冬場は長風呂することが多いのではないでしょうか。ゆっくりと湯船に体をつけて温めることは冷え性を解消する方法のひとつです。冷え性は手足の血行不良が原因ですから、長風呂で体をよく温めれば血行促進されるため、冷え性対策になります。また長風呂はけ単に冷え性の解消というだけでなく薄毛対策にもなるといわれています。

 

血行促進の重要性

薄毛の原因は遺伝や不規則や生活、偏った栄養、睡眠不足、ストレスなど様々ですが、血行不良というのも薄毛の原因のひとつです。

体の中の栄養素は血液によって体中に運ばれます。そのため、体にすみずみまで栄養をいきわたらせるには、血液の流れが正常であることがポイントなのです。血行不良になると体の中に栄養素が行き届かなくなり、髪の毛にも十分な栄養が回ってこなくなります。

その結果、髪の毛が十分に成長しなくなり、薄毛となってしまうのです。髪の毛に十分な栄養が運ばれてくるようにするには体の血行を良くすること、とりわけ頭皮の血行を良くする必要があります。頭皮の血行を良くする方法として頭部のマッサージを行ったり、血行を良くする食物を摂る方法がありますが、長風呂も血行を良くする方法のひとつです。

 

適切な温度

薄毛予防に血行を良くする方法として長風呂をする場合、注意点がいくつかあります。ひとつは長風呂をする時間ですが、湯船につかる時間は20~30分くらいが適当です。

また上半身をよく温めることがポイントです。温度が高い湯船の中に20~30分浸かっているとのぼせてしまうため、少し温度が低めの湯船につかるようにしましょう。

温度は39℃から40℃くらいが適当です。そしてゆっくり湯船につかって出た後は、体を冷やさないようにすることも大事です。できればお風呂に入った後はすぐに布団に入るようにした方がよいでしょう。

湯船でゆっくり体を温めた後、冷たい飲み物を飲みたくなる人も多いでしょう。温まった状態での冷たい飲み物はおいしいものですが、長風呂は、血行促進のため行うのですから、せっかく温まった体を冷たいもので冷ましてしまっては効果が薄れてしまいます。

 

綺麗に頭皮の汚れを落とす

長風呂は血行を促進するだけでなく、頭皮の汚れを綺麗に落とすことができるというメリットもあります。頭皮を温めると血流が良くなって頭皮の汗や皮脂が浮き上がってきます。

そのためシャンプーでごしごし頭皮を擦らずとも、毛穴に詰まった汚れなどを綺麗に落とすことができるようになるのです。

シャンプーで頭皮をごしごし洗っていると、皮脂を落とし過ぎて逆に頭皮環境を悪化させてしまう場合もありますが、汗や皮脂を浮かせて力を入れ過ぎず、頭皮をマッサージするようにしてシャンプーをすれば、頭皮環境を整えることになります。

またシャンプーの前に丁寧にブラッシングをしておくと、より汚れが落ちやすくなり、マッサージにもなるため入念にブラッシングをするようにしましょう。

 

髪を乾かすポイント

お風呂上りは髪の毛を乾かすためにドライヤーを使う人が多いでしょうが、髪の毛は熱ではなく、風で乾かすようにすると髪や頭皮へのダメージを回避できます。また血行が良くなっているときに育毛剤を利用すると効果的のため、薄毛に悩んでいる人はお風呂上りの積極的な利用を検討してみましょう。

 

ビタミンC配合の入浴剤

お風呂は気分を鎮静化させ、リラックスする効果もあり、有益なお風呂タイムを過ごせば、ストレスの解消、睡眠促進にもつながります。ストレスの解消、睡眠促進は育毛、発毛に有効なことですから、有益なお風呂タイムを過ごすことできるよう、肌に良い入浴剤を使うなど工夫をしても良いでしょう。

入浴剤は、皮膚に刺激のないもの、そしてビタミンCがお湯の中の残留塩素を中和してくれるため、ビタミンCが配合されているものを利用すると、より効果的です。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る