加湿器は育毛にいいってホント!?

夏場は顔や体の紫外線による肌トラブルの予防と一緒に、頭皮や髪の毛の紫外線予防をしている人も多いでしょう。しかし紫外線トラブルの心配が少なくなる冬場はどうでしょうか。紫外線による肌トラブルが少なく、肌のお手入れの手間を軽減するのに併せて、頭皮や髪の毛のケアも怠っているという人が多いのではないでしょうか。

 

乾燥も油断大敵

冬場は夏場に比べて紫外線の量が少なくなるため、夏場ほどに紫外線予防を考えなくてもよくなります。しかし乾燥しがちな冬場に肌のケアを怠ると、肌荒れなどの肌トラブルが発生するように、頭皮や髪の毛もケアを怠ると、様々な頭皮のトラブルが発祥し、深刻な状態になってしまう場合があり、薄毛の原因になることがあるのです。

健康な頭皮環境を整え、薄毛を回避するには、乾燥しがちな冬場のケアが大事なのです。

 

乾燥によるトラブル

頭皮が乾燥することでよく発生するトラブルが、頭皮のかゆみです。肌が乾燥して潤いが失われると、かゆくなったり肌がざらざらになったりしますが、それは頭皮も同様です。乾燥して潤いが失われると、かゆみが生じるようになるのです。

さらにはかゆみに伴ってフケが発生するといった頭皮環境の悪化を引き起こす場合もあります。頭皮は皮脂に覆われ、それがバリアとなって雑菌から守られているのですが、頭皮が乾燥すると皮脂のバリアの役割が弱くなります。その結果、雑菌が繁殖しやすくなるのです。頭皮環境が悪化すれば、髪の毛は成長しにくくなり、抜け毛が多くなります。冬場に抜け毛が多いというのはそのような理由です。

 

乾燥の原因は

冬場に頭皮が乾燥する原因のひとつは、気温の低下です。気温が低下することによって汗をかきにくくなります。また汗だけでなく、気温が低くなると皮膚の最外層から蒸発してくる水分も少なくなります。そのため頭皮の潤いが失われてしまうのです。

頭皮が乾燥するもうひとつの原因は、湿度が低下するためです。地域によりますが、冬場は夏場に比べて湿度が低くなります。また室内でエアコンなどの暖房機器を使用することによって部屋の湿度が低くなることから肌、そして頭皮が乾燥しやすいのです。

 

対策方法について

冬場の頭皮のケア方法にはいくつかの方法がありますが、そのひとつに薬用シャンプーやリンスの使用する方法があります。冬場は頭皮の乾燥によって皮脂の機能が低下し、雑菌が入りやすくなっていますから、殺菌剤や抗酸化剤、抗炎症剤といった作用のある薬用シャンプーやリンスを利用すれば皮脂の酸化を防ぐことができます。また乾燥肌の人用のシャンプーやリンスには保湿成分が含まれており、皮脂を落とし過ぎずに汚れだけを落とし、保湿力を高めてくれるためおすすめです。

暖房機器を使用している室内では湿度が低くなっており、頭皮が乾燥しやすくなっているため、加湿器を積極的に使うのも有効です。60~65%程度の湿度が頭皮に最適といわれているため、加湿器を使って湿度を保つようにしましょう。

また寒くなると、血行不良から手足が冷えてしまうという人も多いでしょう。頭皮も血行不良によって髪の毛に栄養が行く届かなくなります。そのためマッサージやストレッチを行って血行不良を改善するようにしましょう。

 

医療機関、医療品の利用

薄毛や抜け毛の対策には薄毛治療を利用するクリニックを利用する方法がありますが、薄毛治療は保険が適用されない自由診療のため、服用する医薬品に安価なジェネリック医薬品を利用しても治療費が大きくなります。そのため日本のものよりも効果が高いといわれている海外の育毛剤を個人輸入したり、輸入医薬品を扱っているサイトで入手して使用する人も多いようです。

しかし薄毛治療や輸入医薬品によって薄毛の悩みが完全に解消することは現在の医学では難しい状態です。ならば普段から薄毛予防を行っていた方がよいでしょう。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る