紫外線は夏だけじゃないんです!

日焼け止めクリームや日傘など、夏の紫外線対策を考える人は多いでしょう。近年、夏の紫外線対策は一般的なものとなっており、最近の猛暑の影響もあって、営業など炎天下の中を移動しなければならない男性が日傘を使うことも多くなってきているという話も聞きます。

 

薄毛の原因となり得る紫外線

しかし紫外線対策というと顔と体に重点が置かれてしまい、頭皮の紫外線対策については顔や体ほど対策を行っていないという人が多いのではないでしょうか。しかし、体の中で一番高い位置にある頭は、紫外線を一番浴びる場所で、顔の2倍以上の紫外線を浴びているといいます。そのため頭は紫外線の影響が大きく、夏場は紫外線によって頭皮にダメージを受け、炎症やかゆみを発症することがあります。そして頭皮環境の悪化は、白髪や抜け毛、薄毛の原因ともなります。

 

紫外線にも種類がある

太陽の光は、紫外線や可視光線、赤外線といった様々な種類の光線が含まれており、その中で肌に影響がある光線が紫外線です。ひとことに紫外線といっても、紫外線には波長の異なるA波(UV-A)とB波(UV-B)、そしてC波(UV-C)といった種類があります。C波(UV-C)は成層圏やオゾン層によってほぼ吸収されて地上に届くことがないため、肌に影響のない紫外線です。

肌に影響があるのがA波(UV-A)とB波(UV-B)で、この二つの紫外線は肌にダメージを与えます。A波(UV-A)はすべての紫外線の95%を占めるもので、肌の真皮層にまで侵入してきます。A波(UV-A)は細胞まで侵入し、メラニン色素の合成を増やすためシミの原因となりますし、頭皮の奥にも届いてダメージを与えます。

一方、B波(UV-B)はすべての紫外線の約5%を占めるもので、A波(UV-A)に比べると圧倒的に量は少ないのですが、A波(UV-A)よりも強いエネルギーを持っていて、その有害性は、最大1000倍にもなるといいます。B波(UV-B)はA波(UV-A)のように細胞まで届かず、肌の表面にダメージを与え、日焼け、シミ、そばかすの原因となります。また大量に浴びると強い炎症を引き起こし、髪のキューティクルを破壊します。

 

夏場の頭皮は要注意

毎日必ずシャンプーをしているにも関わらず、夏場に頭皮がかゆくなったり、頭皮の嫌な臭いが気になるという人がいるでしょう。それらは紫外線によるものです。健康な肌は紫外線の侵入を防いでくれますが、長時間にわたって紫外線を浴びるなどして肌バリアが壊されてしまうと、紫外線が侵入して頭皮を乾燥させます。その結果、頭皮がかゆくなるのです。

ひどい場合は、軽い火傷状態となって炎症が起こったり、フケが発生するなどのトラブルにもなります。頭皮が臭うようになるというのも、紫外線によって頭皮がダメージを受け、その結果、頭皮の免疫力が低下し、雑菌が繁殖していることによるものです。

 

髪にもダメージを受ける

夏場に髪の毛の色が明るくなってしまったり、パサつくといった髪の毛のトラブルも紫外線が原因です。紫外線によって髪の毛のキューティクルがダメージを受けるとメラニン色素が破壊され、髪の毛の色が明るくなります。そしてキューティクルにダメージを受けると、髪の毛の内部の栄養分が失われてしまいます。

その結果、髪の毛が乾燥し、パサついてしまうのです。せっかくカラーで髪の毛を染めても、キューティクルにダメージがある状態ではすぐに色落ちしてしまいます。

 

紫外線対策のアイテム

そんな頭皮、そして髪の毛の紫外線トラブルを防ぐためには、顔や体と同様に、頭皮、そして髪の毛についても紫外線対策をすることが大事です。

例えば帽子の素材によりますが、帽子は約60%の紫外線をカットすることができますし、日傘を利用したり、日陰を歩くようにすると、紫外線をカットすることができます。ただし帽子や日傘で紫外線をカットしても、それだけでは残りの紫外線を浴びてしまうため、頭皮専用、髪専用のUVスプレーを併用するとなお効果的です。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る