マッチョになると薄毛になる!?

テストステロンは体毛や体つきといった男性らしさを強める男性ホルモンのひとつで、誰もが持っているものです。しかし、テストステロンは男性らしさを強める一方で、血液によって毛乳頭細胞に取り込まれて、DHT(ジヒドロテストステロン)に変換され、AGA(男性型脱毛症)の原因のひとつにもなります。

 

男性らしさの代償?

筋トレをすると男性らしい体つきを実現できますが、一方で薄毛になるといわれるのはそのようなわけです。男性らしい体つき、マッチョを実現するにはテストステロンが不可欠なのですが、それがAGAに繋がるというのは悩ましいところです。

 

原因は複雑

男性らしさを強める男性ホルモンがAGAの原因になるのなら、体を鍛えない方がよいのでは、と考えがちですが、AGAの原因は筋トレなどの運動によるものばかりではなく、薄毛になるかどうかは、遺伝などの様々な要因によって左右されます。薄毛の原因は複数の原因がある複合的な場合も多く、その原因は単純ではありません。そのため、運動によって薄毛になる人がいる一方で、むしろ運動をすることによって薄毛対策にもなる人もいます。

運動が薄毛対策になるというのは、運動を行うと成長ホルモンが多く分泌されるためです。成長ホルモンは髪の毛の成長に必要なホルモンで、成長ホルモンが多く分泌されれば、それだけ毛母細胞も活性化されて、髪の毛の成長が促されます。

 

より良い運動の方法

運動の仕方には筋力トレーニングや加圧トレーニングといった無酸素運動とウォーキングやジョギング、水泳などといった長時間継続して運動を行う有酸素運動があります。ひと昔前まで、成長ホルモンの分泌を増加させるには無酸素運動が有効といわれていましたが、最近の研究により有酸素運動でも体内の一酸化窒素が増加することにより成長ホルモンの分泌が増加することが判明して、薄毛対策に有効であることが分かってきています。

そのため、現在は無酸素運動と有酸素運動の両方をバランスよく行い、運動を継続的に行うことが薄毛対策になるといわれています。

 

医療品の費用

薄毛対策には、様々な方法があり、中には薄毛治療を行っているクリニックを利用して治療を行う人も少なくないようです。しかし、薄毛治療で保険が適用されるのは、皮膚疾患や自己免疫疾患といったケースに限られています。

薄毛治療は美容整形と同じく命にかかわるものではないため、保険は適用されない自由診療です。そのため治療にかかる費用は全額自費負担となります。

医薬品に安価なジェネリック医薬品を利用することによって、治療費を多少は抑えることはできますが、治療をやめたら薄毛に戻ってしまったというケースもあり、継続的に治療を行うことから大きな費用がかかります。そのため、育毛剤などの医薬品を購入して自分で対処する人も多いようです。

医薬品を利用する人の中には日本のものより海外のものの方が効果が高いといわれていることから輸入医薬品を利用する人もいます。しかし輸入医薬品は個人で輸入をしたり、専門のサイトから購入するといった手間がかかりますし、日本では禁止されている成分が含まれている場合もあり、自己責任のもとに行う必要があり、リスクがあります。

 

誰でも始められる

その点、継続的な運動は、費用をかけず誰でもできることです。また運動は薄毛対策だけではなく、肥満や成人病予防など様々な効果を期待することができます。

運動した後、気分がすっきりしたという人は多いでしょう。ストレスはAGAの原因のひとつですから、適度な運動によって気分がすっきりしてストレスが解消されれば、それも薄毛対策になります。また運動して体を動かせば血行が促進されます。血行が促進されれば、髪の毛の成長のためにプラスになるため、日常に適度な運動を取り入れていきたいものです。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る