今話題のフラーレン!

フラーレンとは、その高い抗酸化作用と持続性により、活性酸素を除去しアンチエイジング作用を持っている、今話題の化粧品成分です。ここではフラーレンの特徴と髪への効果や取り入れ方、安全性などの役立つ情報を紹介します。

フラーレンとは

フラーレンとは、今注目を集めている化粧品成分の1つで、その特徴は高い抗酸化作用と効果の持続性にあります。60個の炭素のみでできたサッカーボールのような球状の分子構造をしていて、現在は5種類のフラーレンが化粧品に使用されています。抗酸化作用の高さはビタミンCの125~250倍という数値が研究によって確かめられています。
研究によって明らかにされている肌への効果は5つあります。まず、メラニン産生の抑制作用による美白効果です。次に目尻の小ジワ減少効果です。これはモイストフラーレンと呼ばれるリポゾーム化用フラーレンによる保湿と浸透性の高さによる効果です。3つ目は保湿効果と乾燥肌改善効果です。これはラジカルスポンジと呼ばれる水溶性フラーレンが持つ肌バリアの回復を促す効果によるものです。4つ目はニキビ減少改善効果です。これもモイストフラーレンの持つ保湿による働きです。最後に毛穴引き締め効果です。ラジカルスポンジの効果により毛穴数の減少と毛穴の面積が小さくなったことが確認されています。

フラーレンの髪への効果

フラーレンの持つ高い抗酸化作用は髪への効果もあります。活性酸素を除去する効果が高いので、頭皮や髪の毛の細胞が酸化され死滅することを防いでくれます。活性酸素は少量ならば細菌を退治する良い働きを持っていますが、その量が多くなると健康な細胞も傷つけて死滅させ老化を進行させます。活性酸素は運動したり、紫外線を浴びるだけでも増えてしまいます。その他に食品添加物やタバコ、ストレスなど増やす要因は身の回りに多くあります。
髪の毛や頭皮は、直接日差しを浴びたり、排気ガスにさらされたりするので酸化によるダメージは深刻です。また日常のドライヤーによる熱刺激によっても酸化が進みます。フラーレンはその活性酸素によるダメージを抑制して頭皮細胞を健康に保ち、育毛効果を促します。その効果を期待して、フラーレン配合のヘアケア商品も販売されています。

フラーレンの取り入れ方と安全性

フラーレン配合のシャンプーやコンディショナーなどが販売されていますが。薄毛対策としての取り入れ方は、フラーレン配合の育毛剤がお勧めです。直接頭皮に塗布するので高い効果が期待出来ます。フラーレン配合のヘアケア製品を選ぶ場合は、フラーレン原液が1%と表示されているものにしましょう。フラーレンの抗酸化作用は持続性が高いので朝晩の2回の使用で十分です。
また研究により、高い安全性が確認されています。多くの化粧品に使用されていることから副作用などの心配はなく安心して使用できます。

フラーレンの働きをより高めるもの

フラーレンと併用するとより効果を高めるものは3つあり、これらは全て育毛にも効果があります。
まずビタミンCです。フラーレンが発見させるまでは代表的な抗酸化作用を持つ栄養素でした。ビタミンCはコラーゲン繊維の産生にも関与しており、両方を添加することで、フラーレンが活性酸素の除去に活躍するので、コラーゲン産生の働きが強まります。抗酸化作用も双方の働きでより一層強まります。
次にビタミンEです。ビタミンEも抗酸化作用が高い栄養素ですが、フラーレンがそれを担当することで、ビタミンEの他の働きが強化されます。その働きとは、細胞膜の機能を正常に保つことや、血球破壊防止や血管の健康維持です。また生殖機能の正常化にも関係しています。
最後にヒアルロン酸です。フラーレンの働きでバリア機能が回復し、乾燥から肌や頭皮を守ります。

その他の薄毛対策

薄毛対策をより効果的にする為に、フラーレン配合の育毛剤やシャンプーを使用する他に、髪の毛のダメージを少しでも減らすために、日傘や帽子を活用しましょう。また規則正しい生活をし、飲酒やタバコを控えるなどの生活習慣の改善に取り組みましょう。ストレス解消や質の良い睡眠などを行えば、さらに効果が上がります。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る