石鹸シャンプーで育毛効果!?

シャンプーには数え切れないほどの種類がありますが、中でも石鹸シャンプーは頭皮に優しいと評判で、育毛効果をもたらしてくれるとも言われています。界面活性剤不使用で低刺激ながら高い洗浄力を持つ石鹸シャンプーの魅力に迫ります。

低刺激でありながら十分な洗浄力を持つ

薄毛対策といえば育毛剤ですが、実は石鹸シャンプーにも育毛効果があることがわかっています。一般的に市販されているシャンプーの多くには、合成の界面活性剤が使用されています。この界面活性剤は洗浄力が強い反面、低コストで製造できるため、メーカーがこぞってシャンプーに配合しているのです。しかし頭皮への刺激が強かったり、人により肌に合わないこともあるので、場合によっては薄毛を助長させてしまうことにも繋がりかねません。
一方で石鹸シャンプーは界面活性剤不使用であり、低刺激なのが特徴です。頭皮に優しいシャンプーとなっているので、肌荒れを防ぎつつ高い洗浄力によって皮脂や汚れをしっかりと落としてくれます。界面活性剤が含まれたシャンプーを長年使ってきた人は、頭皮環境が悪くなっている可能性もあります。この石鹸シャンプーはそんな頭皮環境を健康な状態へ回復してくれる効果を持っているのです。

石鹸シャンプーで育毛剤が浸透しやすい頭皮に!

育毛を謳うシャンプーには高額なものが多く、お財布に厳しいと言わざるを得ません。しかし石鹸シャンプーは千円以下の商品も少なくないため、継続的な使用にも適しています。
低刺激な成分によって作られている石鹸シャンプーは、敏感肌など頭皮に炎症が起きやすい人でも問題なく使うことができます。余計な合成成分が含まれていないので、痒みやフケといった症状が発生しにくいのも特徴です。
また、合成のシャンプーと比べ、石鹸シャンプーを使うことにより育毛剤が頭皮に浸透しやすくなるとも言われています。というのも合成のシャンプーにはシリコンが含まれており、これが頭皮の毛穴を塞ぐことで育毛剤が浸透しにくくなってしまう場合があるのです。ノンシリコンの石鹸シャンプーならそのような心配がないため、頭皮の奥まで育毛剤の成分が浸透してくれるというわけです。

侮るなかれ!石鹸シャンプーが担う役割

石鹸シャンプーは界面活性剤不使用であり、低刺激ではあるものの、発毛効果については育毛シャンプーには及びません。ただ薄毛を改善する上で大切なのは、頭皮の環境を整えることに他なりません。いくら発毛効果のあるシャンプーを使っても、頭皮環境が悪ければ十分な効果を発揮することができないでしょう。
その意味では頭皮環境を改善し、髪の毛を健康的に成長させるための土台作りを行う石鹸シャンプーは、薄毛対策において大きな役割を担っていると言えるのではないでしょうか。

髪のゴワつきはお酢で解消!

石鹸シャンプーにも弱点はあります。それはシリコンが含まれていないために、洗髪後に髪がギシギシと絡みついてしまうことです。ドライヤーで乾かすとゴワつきが発生し、まとまりにくくなることもあります。
そんな悩みを解消する方法として、酢リンスの使用をおすすめします。酢リンスの作り方は簡単で、洗面器の中にお湯をためた後、お酢やクエン酸を2~3滴ほど垂らします。たったこれだけで完成です。
アルカリ性の石鹸シャンプーをお酢が持つ酸性で中和することにより、髪のギシギシやゴワつきを解消します。キューティクルが閉じるため、髪の毛に潤いがしっかりと保たれ、サラサラヘアーを実現できます。おまけにお酢は殺菌効果を持っているため、頭皮トラブルを予防できるメリットもあります。

海外製のジェネリックは輸入医薬品で入手可能

育毛成分の配合された製品は日本のみならず、海外でも多数販売されています。むしろ海外製の方が育毛効果は高いとも言われています。その理由は配合されている育毛成分の種類や量が日本製と比べて多いからです。
また、海外では育毛剤が医薬品として扱われていることが多く、その半数以上はジェネリック医薬品です。安価で信頼性のあるジェネリックを日本で手に入れるなら、輸入医薬品を購入しましょう。個人輸入の代行サイトなどを利用すれば、個人でも簡単に輸入医薬品を購入することが可能です。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る