朝活!ハゲ活!

朝活とは、出勤前の時間を趣味や勉強に充て有効活用することを指します。この朝の活動により、一日が充実し、パフォーマンスが向上するなどといったメリットがあります。そんな朝活のメリットは、薄毛の改善にも生かすことが出来ます。

朝活で運動を取り入れる

出勤前の朝の時間で運動をする習慣がないという方は、まず朝の時間に軽い運動を取り入れてみましょう。薄毛の原因の一つとして、頭皮の血行不良が挙げられます。運動をすることで頭皮の血行が促進され、栄養も行きわたります。それにより頭皮の健康状態が改善され、薄毛を改善できる可能性があります。特にジョギングなどの有酸素運動が効果的と言われています。いきなりジョギングが厳しいという方は、ウォーキングから始めてみましょう。体力も向上し、薄毛まで改善すれば一石二鳥です。

薄毛に良い朝食とは

朝の食事も薄毛対策には重要な要素です。髪、頭皮に良い食材を朝ごはんに取り入れ、薄毛の改善を目指しましょう。一般的に薄毛に効果があると言われている食品には、アミノ酸を多く含む鶏肉や大豆、乳製品、シジミ、ビタミンB2やB6を多く含むレバーや魚、ビタミンA・C・E・Fを多く含む人参、小松菜、トマトなどの野菜全般が挙げられます。それぞれ髪を修復したり、血行を良くしたりする効果があります。薄毛に悩む方は、毎日同じ朝食メニューではなく、バランスよく様々な食材を取り入れることが重要です。しかし、毎朝凝った朝食は難しいのが現実です。その場合は、栄養豊富なフルーツを積極的に取り入れるのが効果的です。スムージーなどにして、数種類の果物を摂取するのが理想です。

空いた時間で頭皮マッサージ

頭皮マッサージも運動と同様、頭皮の血行を促進し頭皮を健康に保つ効果があります。頭皮マッサージは、朝の少ない時間でも実践出来る非常に簡単な薄毛対策です。簡単な頭皮マッサージの一つとして、生え際のマッサージがあります。髪の毛の生え際に両手の指を置き、頭頂部に向かってゆっくり手を動かし、次は頭頂部から生え際に向かってマッサージしていきます。生え際のマッサージには、リラックス効果もあるとされており、薄毛そのものの改善だけではなく、薄毛の原因であるストレスに対しても効果が期待出来ます。しかし、強くやりすぎると頭皮を痛めてしまう原因にもなります。優しくマッサージを行うことを心がけましょう。

良い髪は睡眠から

睡眠不足は、薄毛を進行させてしまう悪習慣の一つです。質の良い睡眠を取ることで、頭皮を健康に保つことが出来ます。寝ている間、頭皮はダメージを修復します。日中浴びた紫外線からのダメージ、頭皮を引っ掻いてしまった際のダメージなど、頭皮は起きている間に様々なトラブルを抱えています。睡眠がしっかり取れていないと、そのダメージを修復することが出来ません。修復出来なかったダメージは蓄積し、薄毛の原因にもなります。夜眠れないという方は朝に運動するなど、少しでも活動を増やすことで素早く入眠することが出来るようになります。良い睡眠を取ることで、薄毛対策としての朝活のメリットはさらに大きくなります。

最終手段としての薬

朝活で運動をし、バランスの取れた朝食を食べ、頭皮のマッサージもして、良い睡眠を取って、それでも薄毛に改善が見られない場合、最後の手段として薬に頼るという手もあります。薄毛の治療薬として販売されているものは多くありますが、価格が高くて続けられない場合もあります。その場合、ジェネリック医薬品が無いか探してみましょう。ジェネリックとは、開発されたある薬の特許が切れ、それと同じ成分や効果がある後発の薬を指します。ジェネリックの場合、価格が安くなるため続けやすいというメリットがあります。また、輸入医薬品に注目してみても良いかもしれません。今やインターネットで手軽に薬も輸入出来るようになりました。事前にしっかりと情報収集が必要になりますが、日本の薬で効果が得られなかった方は試してみる価値はあります。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る