一石二鳥!ストレッチで薄毛予防。血行が頭皮に与える影響を解明します。

薄毛に悩んでいる方の中には、肩こりや首こり、目の疲れや頭痛などにも悩んでいる方が多くいます。これらは身体が血行不良である大切なサイン。血行不良は頭皮環境の悪化を導きます。ストレッチで血行を促進し、元気な毛根を取り戻しましょう。

そもそも薄毛とは、なぜ起こってしまうのか?

髪の毛はもともと生え変わる性質を持ちますが、髪の成長が遅れてしまい、その育毛サイクルが乱れることで薄毛が進行します。髪の成長の遅れが生じる最大の原因は頭皮環境の悪化。栄養を含んだ良い土から植物が育つように、整った頭皮環境から元気な毛根が育ちます。頭皮に肥料となる栄養を運んでくれるのは、十分な血行です。シャンプーや育毛剤だけに気を配るのではなく、血行促進のために身体のコリやハリを改善するのは根本的な治療として重要になります。そのためにすぐに始められる手軽な治療法がストレッチ。ストレッチは自宅や職場でも簡単に空いた時間にできるので、簡単に取り入れやすい薄毛対策と言えます。

オススメのストレッチ方法(浴槽、仕事中、朝活)とは?

身体中を巡る血流は全て繋がっているため、全身のストレッチが効果的ですが、まず取り入れたいのは首や肩など頭に近い部位のストレッチ。両手を肩にのせて、胸を開くように肩を開くと、肩甲骨を開きコリをほぐします。肩こり改善にもなりますので肩甲骨ストレッチはデスクワークなどの合間に小まめに行うと良いでしょう。また、首を回してから優しくひねったり、すぼめて肩を持ち上げ、一気に降ろすなどの動作も首のストレッチとして有効的。椅子に座ったままでもできる簡単な動作は仕事中にオススメです。朝起きたときには、一日を始める前に目覚まし代わりに腕のストレッチを行うのも効果があります。朝一番にストレッチを行うことで、その日一日の筋肉の動きはスムーズになり、より血行を促進することができます。伸びをしたり、腕を曲げて頭の上に持ち上げ、肘を引っ張るようにして腕の血行を刺激しましょう。夜のバスタイムに行うストレッチも、お湯で温めた身体はほぐれやすく、効果的なタイミング。浴槽で足を伸ばし、つま先を伸ばしたり反らせたりするだけでふくらはぎの筋肉のストレッチとなります。どれも簡単なものばかりで長い時間をかける手間もないため、ぜひ日々の習慣にしてみてくださいね。

最近では、女性や若者の薄毛も増加中

ストレスの多い現代社会では、女性や若者の薄毛も進行していると言われています。その原因の一つがホルモンバランスの乱れ。疲れやストレスは自律神経を乱し、ホルモンバランスを崩します。それにより正常に働かなくなったホルモンは育毛サイクルにも影響を与えてしまうのです。このような場合、生活習慣の見直しが重要になります。睡眠不足やストレスの多い生活は身体の不調に繋がります。できるだけストレス軽減を意識し、良質な睡眠をとるようにしましょう。

ジェネリックの薄毛治療薬で安価で効果のある育毛を!

薄毛治療薬は高価で中々続けられないというイメージが大きいですが、実は薄毛治療薬にもジェネリック薬品が販売されているのをご存知ですか?臨床でも効果が見られた薄毛治療薬の中でも、ジェネリックが販売されているものもあります。皮膚科などのクリニックで処方してもらうことができますので、高い育毛剤には手が出ないという方は一度専門医に相談してみると良いでしょう。薄毛の相談をしにいくのは抵抗があるという方は、ネットで輸入医薬品を手に入れることもできるので、そのようなものから試してみるのもいいかもしれません。

ストレッチで元気な身体と毛根を手に入れよう

ストレッチは全身の血行促進効果が見られるため、毛根だけでなく身体の様々な部位の血行不良を改善します。日々の暮らしに少しストレッチを取り入れえるだけで、肩こりや頭痛、身体のだるさなどが軽減し、薄毛まで食い止めることができれば一石二鳥ですよね。ご紹介したもの以外にも、薄毛に効くストレッチは太ももや頭など多くの方法が注目されていますので、簡単なストレッチに慣れてきたら、どんどん積極的に新しい方法も試してみてくださいね。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る