サウナの汗は薄毛になるってホント!?正しい利用で対策。

サウナは多くのスーパー銭湯に設けられていて、老若男女問わず人気があります。ただ、そのサウナが薄毛に関与するとしたら好きな方にとっては死活問題です。髪の毛を守る為、どのように正しい利用をすれば良いのか紹介していきます。

なぜサウナが薄毛に繋がるか

・サウナの熱気
サウナが薄毛に繋がる原因の一つは、その熱気です。熱気によって発汗が促されるのですが、肌への刺激も強く頭皮が痒くなる場合があります。そこで頭皮をかきむしってしまうと、炎症が起こって髪の毛を失いかねないのです。
・注意点は多い
スチームサウナは別ですが、乾式サウナは乾燥しているので痒みが発生しやすい環境でもあります。大量の発汗があった後、よく洗い流さなかった場合も危険です。老廃物や皮脂などが頭皮に残った状態で過ごすことになるので、発毛を妨げるなど頭皮環境が悪くなってしまうのです。このように、色々な要素が重なることでサウナが頭髪にとって敵になります。濡れたタオルを頭に乗せておくと乾燥防止になりますし、無暗にかきむしる行為も制限させます。

サウナを有効活用する

血行促進効果
サウナは利用しない方が良いという結論ではなく、有効活用した方が効果的です。サウナの熱気は交感神経の活性化による血行促進を期待できます。血行促進するということは、頭部にも血液が勢い良く巡るということです。薄毛は血行不良によって栄養が行き渡らないことも原因の一つなので、サウナで血行促進するのは有効です。
・育毛剤を併用
せっかく血行促進するので、育毛剤を併用すれば鬼に金棒です。有効成分が行き渡りやすくなり、育毛剤とサウナの相性は抜群です。後は痒くなっても我慢すれば、サウナは薄毛の救世主となります。

出た後も様々なメリット

・副交感神経優位
サウナを出た後は、水風呂に入って体をクールダウンします。火照った体が冷えていく瞬間は非常に心地良く、多くの人が魅了されます。単に心地良いだけでなく、副交感神経が優位になるので血管が拡張して頭皮に良い環境が続きます。
・風呂上がりの休息
風呂上がりは、リラックスムードで休息します。少しウトウトしながら汗が止まるのを待つ時間は至福の一時です。このようにリラックスしている時はストレスも解消されるので、頭皮はもちろん健康増進にも繋がります。サウナでは大量に発汗しているので、休息時は水分補給を忘れてはいけません。

ジェネリックや輸入医薬品も活用

・ジェネリック
ジェネリックとは、研究開発費を抑えているにもかかわらず新薬と同等のポテンシャルを誇る医薬品のことです。つまり、安く購入できるのがメリットなので財布に優しいです。育毛剤は、根気強く使用を続ける必要があるので場合によっては何年も使います。その中で出費額が大きくなれば負担がかかりますし、だからと言って使用を中止すれば育毛剤を使ってきた意味が薄れてしまいます。なので安価なジェネリックに目を向けることは必須です。
・輸入医薬品
輸入医薬品はジェネリックのように安価ではありませんが、有効成分が豊富または強いという特徴があります。なので、日本の育毛剤ではなかなか効果が出なかったり、ひどい薄毛に悩んでいるという場合は輸入医薬品に頼るのも一つの手段です。

生活習慣にも気を付ける

これまでサウナを有効活用すればメリットになると説明してきましたが、だからと言ってサウナ頼りになるのはいけません。規則正しい生活や食事を第一に心掛けるべきであり、それが不十分であればサウナのメリットも薄れてしまう可能性があります。いくら血行を良くして育毛剤を併用したとしても、脂っこい食事ばかりではすぐに皮脂が発毛の邪魔をします。髪が伸びるのは睡眠中なので、睡眠を疎かにするのも良くないです。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る