スタイリングしたまま寝るのは絶対NG!

薄毛を改善したい場合には、ヘアサイクルを整えることが重要です。また、頭皮環境の悪化も薄毛につながります。
ヘアサイクルを乱してしまう原因は様々なものがあるため、それをその乱れを整えるや頭皮環境を整える方法などを紹介します。

薄毛につながるスタイリング剤の使い方

薄毛になるとどうしても薄い部分を隠すために、スタイリング剤を使ってスタイリングを行うケースがよくあります。スタイリング剤にはワックスやスプレーなど様々なタイプがありますが、使い方を間違えると頭皮や髪を傷める原因になってしまいます。
これはスタイリング剤に配合されている界面活性剤などが頭皮の負担になったり、スタイリング剤が毛穴に詰まってしまうことで頭皮に負担がかかるためです。つまりスタイリング剤をつけたまま寝てしまうと、トラブルや薄毛につながってしまうのです。
そのようなトラブルにならないためには、スタイリング剤をつけたまま寝ないということが大切となります。
また、スタイリング剤は頭皮に直接つけないように気をつけてつけるようにしていく、ということもトラブルを防ぐためのポイントです。
大量にスタイリング剤を使って一度に髪型を決めようとすると、頭皮に付着するリスクが高くなってしまうため、少量ずつつけていくことが負担のかからない方法だとされています。

頭皮環境を整えるには

スタイリング剤の使い方を間違えると、頭皮への負担となってしまい頭皮トラブルだけではなく頭皮へのダメージが蓄積されます。その蓄積が薄毛や抜け毛、ヘアサイクルの乱れにつながります。
薄毛に繋げないためには、しっかり頭皮環境を整えることと、頭皮への血行を良くすることを意識することが重要です。
頭皮環境を整えるためには、まずシャンブーが大切です。市販のシャンプーは洗浄力が強いため、頭皮に必要な皮脂や潤い成分などが落ちてしまいます。必要な分を残すためには低刺激なシャンプーまたは育毛成分の入ったシャンプーが効果的だとされています。
シャンプーを行うときには、地肌マッサージを行うのも薄毛のケアになります。
地肌マッサージを行うことによって、血行が良くなり発毛や育毛を促すことができます。

内側からのケア

ヘアサイクルを整えるためには、シャンプーや地肌マッサージなどの外側からのケアだけではなく、内側からのケアも重要です。
ヘアサイクルはホルモンバランスに大きく影響されます。そのためストレスや睡眠不足などが続くと、男性ホルモンが多くなりそれが原因で薄毛になってしまいます。
そのような状態を避けるためには、ホルモンバランスを整えるために規則正しい生活をする、ストレスはできるだけ発散することを心がけていきます。
また、油分や糖分が多い食生活は皮脂を過剰に分泌させます。皮脂が過剰に分泌されると毛穴が詰まりやすくなり、これも薄毛につながります。
油分予防をするためには、脂質や糖質はなるべく避ける食事を心がけ、バランスの良い食生活を行います。

ジェネリックの医薬品

確実に薄毛を改善するためには、クリニックでの治療がオススメです。クリニックでは基本的には薬を使って治療していきます。
クリニックに行く暇がない、薬の費用が負担になってしまうという場合には、ジェネリック医薬品を輸入するという手段もあります。
一般的に薄毛治療薬の価格は月に5000〜7000円前後の費用がかかるとされています。対してジェネリック医薬品の場合月に4000円前後ほどの価格が一般的です。
薄毛治療は継続して行う必要があるため、ジェネリック医薬品を選んだほうが費用を安くすることができます。
安全性や有効性は認められている薬ですので十分に効果は期待できます。ただし、取り扱っていることが少なく、効果や副作用に違いがあるケースもあるため利用する場合にはリスクがあることも理解しておく必要があります。

ジェネリック医薬品・輸入医薬品の入手方法

医療用医薬品は医師からの処方がなければ購入できないため、購入する場合にはクリニックで処方してもらうことが必要です。
時間がないという場合には、個人輸入という手段でも購入できます。ただし、個人輸入の場合には偽物も流通しているためできれば避けることが無難といえます。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る