頭皮ケアは夏に!今です!!セルフヘッドスパの効果

夏は紫外線が強くなるため、日焼け止めで紫外線対策をしたり、お風呂上りにスキンケアを行ったり、お肌のケアが欠かせない季節です。しかし、お肌のケアはしっかり行っても頭皮や髪の毛のケアがおろそかになっている人は多いのではないでしょうか。体の中で一番太陽に近い頭部は、ほかの部位に比べて紫外線が倍以上あたります。そして紫外線によって頭皮や髪の毛がダメージを受け、様々なトラブルが発生するため、頭皮の状態が悪くなる夏こそお肌の紫外線対策やケアと同様に頭皮と髪の毛の紫外線対策とケアが大事なのです。

頭皮も日焼けする

紫外線があたると、腕や足、顔など、肌が日焼けをしますが、頭皮も同様に日焼けをします。そして頭皮の表面を覆っている皮脂が空気中のほこりなど結びついて汚れとなり毛穴を塞いでしまったり、炎症を起こして赤く腫れてしまったり、かゆくなってしまう場合があります。
頭皮だけでなく、髪の毛も紫外線によって色が褪せてしまって赤くなってしまったり、枝毛や切れ毛ができたりといった症状が現れてきます。その結果、薄毛などのトラブルを招いてしまうことがあるのです。

日焼け止めスプレーは頭皮保護に有効

紫外線予防には、帽子を被ったり、日傘を差したり、頭皮や髪の毛用の日焼け止めのスプレーを使うなどの対策があります。
日焼け止めのスプレーは出かける前に頭皮と髪の毛に使っておくと、紫外線によるダメージを軽減できます。しかし、紫外線によるダメージを完全に回避することは難しいため、シャンプーやトリートメントで、頭皮や髪の毛のケアもしっかりと行いましょう。

ダメージを受けた頭皮は洗い方に注意

頭皮や髪の毛が紫外線でダメージを受けている場合は、頭皮の洗浄の仕方に注意が必要です。
例えば紫外線によってダメージを受けている頭皮に刺激のあるシャンプーは厳禁です。敏感肌用のシャンプーや、保湿機能が植物の天然成分が配合されたシャンプーなど、刺激がなく、頭皮によい成分が配合されているシャンプーを使用しましょう。多くの敏感肌用のシャンプーには、頭皮の炎症を抑える成分が入っているため、敏感肌用のシャンプーを使ってことによって頭皮の炎症を抑えることができます。
またダメージを受けている頭皮をごしごしと強く洗うこともNGです。シャンプーの泡を髪の毛に乗せるようにしてゆっくりマッサージしながら洗っていきましょう。
マッサージによって頭皮の血行を良くすることもできます。そしてシャンプーの後は植物の天然成分を含んだものや、保湿成分を含んだヘアオイルやトリートメントで髪の毛をケアしていきましょう。

頭皮のマッサージ方法

頭皮のマッサージ方法ですが、基本はさする、揉む、叩く、押すという4つの作業を繰り返して行います。頭皮のマッサージは、下から上に向かって行うのが基本です。
つまり髪の毛の生え際から、頭のてっぺんに向かって指を動かしていきます。また頭皮のマッサージは、髪の毛を乾かしてから行うようにしましょう。というのも紫外線によって髪の毛のキューティクルは剥がれやすい状態になっているところに濡れた状態でマッサージをしてしまうと、キューティクルが剥がれてしまい、艶やハリのない髪の毛になってしまいます。
シャンプーとトリートメントなどをした上でしっかり髪の毛を乾かして、その上でマッサージを行いましょう。マッサージは頭皮用の美容液やオイルなどを使用しながら行うとより効果的です。

ダメージがある頭皮にはタッピングを

揉む、叩く、押すという4つの作業が基本のマッサージ方法ですが、頭皮の炎症がひどくシャンプーで揉み洗いなどができない場合は、マッサージはタッピングだけを行うようにしましょう。
頭皮を叩くタッピングは、頭皮に炎症などを起こしているときにも行うことができるマッサージ方法で、血行を良くする効果があります。自分の指を使って行う方法もありますが、専用の機器があるため、利用すると便利です。なお、タッピングは育毛剤を使うとより効果的です、育毛剤には天然の植物成分や髪の毛の成長に必要なアミノ酸などが含まれているため、頭皮のケアになります。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る