日焼けから頭を守りましょう!

夏は紫外線が強くなる時期です。その時期に手や足は顔といった場所と同じように髪の毛と頭皮の日焼け止め対策を行わないと、頭皮と髪の毛が深刻なダメージを受けてしまいます。
その結果、抜け毛や薄毛、髪の毛のボリュームがなくなったり、枝毛が発生したり、髪の毛が赤くなるといった様々な髪の毛のトラブルが発生するようになってしまいます。

分け目に当たってしまう紫外線に着目

頭皮の日焼け止め対策として、分け目を変える方法があります。これは、日焼け止め対策だけでなく、頭皮のダメージを減らすために普段から行っていた方がよい方法です。というのも、頭皮は髪の毛の分け目のところが一番傷みやすいためです。
分け目の部分は、ほかのところに比べて頭皮がむき出しになっていますから、その分、乾燥しやすかったり、紫外線が当たりやすくなっています。そのため、いつも同じ分け目にしていると、分け目部分から薄毛になってしまう場合があるのです。
髪の毛の分け目は、つむじの位置や髪の毛の流れによって決まるため、分け目を変えることは髪の長さによって難しい場合があります。髪の毛が短い場合、分け目を変えてもそれを維持することができず、すぐに元に戻ってしまいます。
分け目を変えて維持するには、パーマを利用する方法があります。軽くパーマをかけて髪の毛の流れを変えることによって、分け目が変えやすくなります。

もし頭皮が日焼けしてしまったら?

頭皮が日焼けしてしまった場合、まず冷やすようにしましょう。シャンプーをするときも、できればお湯ではなく、常温の水で髪の毛を洗い流し、頭皮を冷やすようにしましょう。頭皮が日焼けしたときは髪の毛の洗い方にも注意が必要です。髪の毛を洗う時、強くこすったりするのはNGです。シャンプーも敏感肌用のシャンプーを使用するなど頭皮に刺激を与えないようにしましょう。
なお、頭皮が炎症を起こし、赤く腫れあがって痛みがある場合は皮膚科で治療した方がよいでしょう。頭皮が微弱炎症の場合は痛みではなく、少しかゆみがあります。この状態のときもシャンプーで頭皮を強くこするのはNGです。敏感肌用のシャンプーを使い、柔らかく頭皮を洗うようにしましょう。敏感肌用のシャンプーには抗炎症成分が入っているものが多いため、シャンプーをすることによって炎症を納めることができます。

日焼けによるフケのケア方法

日焼けをすると、皮膚の皮がむけますが、頭皮も同じように炎症が治まると、頭皮の皮がめくれてフケが出てきます。この場合は、低刺激の保湿成分が含まれているシャンプーを使用したり、頭皮用のオイルや化粧水を使うなどして頭皮の乾燥を防ぐようにしましょう。
ダメージを受けた頭皮はしっかりケアすることが大事です。ただし、あまりフケが長く続く場合は皮膚科の治療を受けた方がよいでしょう。

女性用育毛剤を使うのも有効

普段から頭皮のケアを行うには、女性用育毛剤を使用する方法があります。女性用育毛剤には、植物由来の天然成分やアミノ酸などの育毛に必要な成分が含まれているため、出かける前に育毛剤で頭皮をケアしておくと、紫外線によるダメージを軽減することができます。

髪の毛専用の日焼け止めスプレーがあります

紫外線によって、髪の毛のキューティクルがはがれやすくなります。そのために髪の毛がぱさぱさになり、柔軟性を失って枝毛や切れ毛が多くなってしまうのです。また、紫外線は髪の色でもあるメラニン色素を破壊してしまうため光老化といって髪の毛の色が抜けてしまいます。紫外線によって頭皮だけでなく髪の毛のトラブルも発生するため、髪の毛にも日焼け止め対策が必要です。
髪の毛の日焼けを防ぐには、髪の毛専用の日焼け止めスプレーを利用するのが有効です。
なお、日焼け止めスプレーを使うと、スプレーの成分をよく落とすためにシャンプーをし過ぎてしまう人が多くいますが、髪の毛と頭皮にダメージを与えてしまう場合があります。
紫外線を浴びた場合は、刺激のない、天然由来成分のシャンプーを使って優しく髪の毛を洗い、椿オイル、ホホバオイル、ココナッツオイルといったヘアケア成分が入ったトリートメントを使用したり、ヘアオイルを使用して髪の毛のケアを行うようにしましょう。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る