日焼けでハゲる!?影響

紫外線トラブルというと、日焼けをして肌が赤くなってしまった、日焼けをしたらシミができてしまったといった肌のトラブルのことを思い浮かべる人が多いでしょう。しかし紫外線トラブルは肌だけではないのです。紫外線は頭皮や髪の毛にも深刻なダメージを与えてしまう場合があるので、その大敵の正体をしっかりと知っておきましょう。

紫外線は大きく分けて3種類

私たちは一口に「紫外線」といいますが、紫外線には波長の長さによってUV-A,UV-B,UV-Cの3つの種類があります。波長とはある波から次の波までの長さのことです。ひとつは波長の長さが320~400nmという長い波長のUV-A、そして波長の長さがUV-A より短い280~320nmというUV-B、波長の長さがさらに短い280nm以下のUV-Cです。
UV-Bの紫外線は290nm以上の波長のものが地上に届きます。一方、UV-Cは地上には届かない紫外線です。波長が短いほど体に与える影響は大きいのですが、地球の廻りにあるオゾン層によってカットされやすく、そのため波長の短いUV-Cはオゾン層にカットされて地上に届かないのです。
そして地上に届くUV-AとUV-Bという紫外線のうち、日焼けの原因となるのがUV-Bです。

薄毛に直接関わりがあるのは、UV-B

UV-Bはエネルギーの強い紫外線で、UV-Bが当たると、その刺激によってメラノサイト(メラニン色素産生細胞)がメラニン色素を生成します。メラニン色素はメラノサイトによって周囲の細胞に広がっていき、紫外線を吸収して肌を守ります。
しかし紫外線が強いと、メラニン色素が必要以上に生成されてしまい、シミやそばかすなどの原因となります。ひどいときは肌の表面の細胞を傷つけて炎症を起こしたり、皮膚ガンにも繋がっていきます。この紫外線のトラブルは、腕や足、顔といったところだけでなく、頭皮についても同様です。紫外線によって頭皮がダメージを受けると、薄毛などのトラブルが発生してしまう場合があるのです。

有害な紫外線から頭皮を守ろう

腕や足、顔だけでなく、頭皮も皮脂膜という天然の保湿クリームが肌を守ってくれています。しかし、この皮脂膜の元は汗や皮脂、垢です。汗や皮脂、垢は汚れと認識する人が多いでしょう。
しかし皮膚の保護には必要なものなのです。汗や皮脂、垢は汚れであるため、適当な量を保っている必要があります。というのも、皮脂膜は元が汗や皮脂、垢ですから、これらが多くなり、空気中の埃や雑菌を混ざると単なる汚れとなって、悪臭や炎症などのトラブルになってしまうのです。
そして皮脂は紫外線が当たると酸化して黒くなり、髪の毛が生えてくる毛穴が詰まらせてしまいます。頭皮がこのような状態になると薄毛、白髪、抜け毛などの様々な髪の毛のトラブルが発生するようになります。

紫外線のダメージは、頭皮だけでなく髪の毛にも

また、紫外線によるダメージは頭皮だけでなく、髪の毛自体にも深刻なダメージを与えます。というのも紫外線は髪の色でもあるメラニン色素も壊してしまうためです。紫外線による髪の毛のダメージを光老化といい、髪の色が抜けて赤茶けた色になってしまいます。
そのほかに紫外線は髪の毛を乾燥させて艶を失わせたり、髪の毛がパサついて柔軟性がなくなったことにより切れ毛や枝毛が増えたり、美容室でカラーを行っても色が落ちやすくなるなど、様々なトラブルが発生させます。
ようするに髪の毛も、皮膚と同様に日焼けをしてしまうのです。そして髪の毛は一度ダメージを受けると、元の健康な状態に戻すことはできず、生え変わりを待つことになります。

夏に紫外線対策をする本当の意味

体の中で一番太陽に近い頭は、足や手、顔に比べて倍の紫外線を受けるところです。そのため、ほかのところよりも紫外線対策がかかせない場所ともいえます。紫外線が最も多いのは、7~8月です。
夏は紫外線が多くなる季節ですから、帽子を被ったり、日傘を使用したり、UVカット効果のあるヘアオイルなどを使って髪の毛と頭皮を紫外線から守り、さらにケアするようにしましょう。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る