話題のナイトキャップ!

薄毛や抜け毛など髪の毛で悩みについては、シャンプー方法を変えたり、育毛剤を使ったり、医療機関で治療を受けたり、輸入医薬品を使ったりといくつかの方法があります。しかし、シャンプー方法については正しいシャンプーの仕方を覚えて、自分にあった頭皮によいジャンプ―を探す苦労がありあますし、育毛剤についても自分に合ったものを使う必要があります。

輸入医薬品の実力は?

育毛剤については日本製のものに比べて輸入医薬品の方が効果が高いといわれていることから海外の育毛剤を使う人も多くいますが、輸入医薬品を入手するには個人で輸入するか、輸入医薬品を扱っている医薬品販売サイトで購入しなければならず、手間がかかります。
皮膚科などで医師の治療を受けて頭皮の状態を確認した上で治療を行うのが最もトラブルがない有効な方法といえますが、薄毛や脱毛の治療では皮膚疾患や医薬品による副作用といったケースでないと保険が適用されず、自由診療になります。
そのため大きな治療費がかかります。医薬品を安価ジェネリック医薬品にすることで、多少費用を抑えることができますが、それでも数万円といった大きな費用がかかってしまうところがネックです。

薄毛の原因によってはナイトキャップが有効

薄毛や抜け毛の原因がストレスや睡眠不足、栄養バランスの崩れといった明確なものである場合、その原因に対して対策を行うことで薄毛や抜け毛の改善、解消につながる場合があります。
薄毛や抜け毛が睡眠不足やストレスだった場合の対策方法としてナイトキャップを利用する方法があります。

薄毛対策に有効なナイトキャップとは?

ナイトキャップとは眠るときに被る頭部を覆う帽子のことです。昔はシラミ対策や冬場など気温が低いときの暖房がわりに使用されていましたが、現在は髪の毛に乱さないため、寝ぐせ対策などに利用されています。
デザインは様々で、女性用のものはネットやニット、チュールといった柔らかい布で作られており、フリルがついたものなど、デザインが多様です。一方、男性用のナイトキャップは、サンタクロースの帽子のような形をしているものが多く、そのためサンタ帽などとも呼ばれています。

知らない間に髪はダメージを受けている

寝ている間に髪が傷むというのはあまり考えつかないことですが、実は就寝中は寝ている状態によって髪にダメージを与えてしまう場合があるのです。特にロングヘアの場合、寝ている間のダメージが大きいといいます。
例えば、髪の毛をきちんと乾かさず、濡れたままで寝てしまう人もいるでしょう。長い髪の人は完全に乾かすのに手間がかかるため、多少濡れた状態のまま寝てしまうことが多いのではないでしょうか。しかし髪の毛が濡れていると、キューティクルが開いたままの状態になっており、このとき枕などで髪の毛を擦ると、キューティクルへのダメージが大きく、その結果髪の毛が傷んでしまうのです。
またきちんと髪の毛を乾燥させて寝ていても、寝ている間の動きによって髪の毛にダメージを与えてしまいます。
人間は寝ている間じっとしているわけではなく、姿勢を変えたりかなり動いています。その度に枕や布団に髪の毛が擦れて摩擦によって髪の毛が傷んでしまうのです。また、摩擦は抜け毛の原因にもなります。
朝、起きたときに喉がイガイガしたり、口の中が乾いているといった体験をしたことがある人は多いでしょう。これは部屋の空気が乾燥しているために起こることです。部屋の乾燥は、頭皮の乾燥に繋がり、髪の毛へのダメージになります。

ナイトキャップが髪へのダメージを軽減

しかし、ナイトキャップをかぶっていれば、枕や布団との摩擦を回避することができますし、部屋の乾燥からも保護してくれるため、抜け毛対策になります。
そして夏はナイトキャップが汗を吸収し、冬のナイトキャップが頭を温めてくれるため頭皮環境を整えることができます。睡眠と髪の毛や頭皮の状態は深い関係にあり、髪の毛や頭皮の状態が良ければ、それだけ良質な睡眠を得ることができるようになります。
実際のナイトキャップを利用している人からは髪の毛がサラサラになったなどが聞かれており、ナイトキャップは寝ている間の髪の毛の保護に仕えるアイテムとして注目されています。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る