新常識!皮脂を取るシャンプーは効果ないんです!!

頭皮は体中のほかの部分の皮膚に比べて毛穴が大きく、さらに皮脂腺の数も多いことからでこぼこになっており、汚れが溜まりやすい構造になっています。そのため定期的に頭皮の汚れを落とさないと毛穴に汚れが溜まってしまいます。
頭皮にはマラセチア菌という菌が常にあるのですが、マラセチア菌は頭皮を不潔な状態にしていると増殖してしまいます。そしてマラセチア菌が増殖すると、炎症を起こしてしまったり、頭皮が荒れてカサカサになってフケの原因にもなります。そして頭皮の炎症やフケが出ている状態を放置してしまうと、頭皮がさらに悪化して抜け毛や薄毛の原因となります。

薄毛対策にはシャンプーが大事?

マラセチア菌の悪影響を考えると、頭皮は定期的に汚れを落として清潔にしておく必要があるのですが、清潔にしていた方がよいからといって朝シャンをして夜にまた髪の毛を洗うといったように1日に2回シャンプーをしていては、頭皮の皮脂を過剰に洗い流してしまい、頭皮が荒れてしまう場合があります。
シャンプーの適切な頻度は人によって異なり、皮脂の分泌量が男性よりも少ない女性の場合は、2日に1回のシャンプーでよいともいわれています。頭皮を清潔にすることは大事ですが、シャンプーのし過ぎは、逆に頭皮を傷めて薄毛や抜け毛の原因になってしまう場合もあるため注意が必要です。

フケが出てきたら要注意

フケは頭皮の不調によって発生するため、フケが発生したときには対策が必要です。フケは乾燥性と皮脂性の2種類があり、どちらのタイプのフケなのかによって対処法が異なります。
頭皮がべたつく感じでフケが発生している場合は、皮脂性のフケと考えられます。この場合は脂漏性皮膚炎といった皮膚病になっている可能性があります。対処法として真菌といった皮膚の炎症の原因となる細菌を抑制する効果のあるシャンプー継続して使用する方法がありますが、ひどい場合は皮膚科の治療を受けた方がよいでしょう。
皮膚科の治療を受けた場合、塗り薬を継続して使用することになりますが、治療には時間がかかります。
一方、乾燥性のフケは、頭皮が乾燥して表面の角質層がポロポロと落ちることによって発生します。原因が頭皮の乾燥のため、冷暖房を使用する季節に起こることが多く、悪化するとひどいかゆみが発生することがあります。
この場合は、フケ対策用の刺激の少ないシャンプーを使用したり、頭皮用のオイルやローションなどを使って頭皮にうるおいを与えます。しかしこちらも症状がひどい場合は、皮膚科を利用した方がよいでしょう。

AGAとは?

抜け毛や薄毛の原因は頭皮の状態だけでなく、男性ホルモンの働きによってもなってしまうことがあります。AGA(Androgenetic Alopeciaの略)とは、男性型脱毛症のことで、成人男性に見られる頭部の一部や頭の天辺が薄毛になる症状のことです。
AGAは、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)という成分が原因と考えられており、ジヒドロテストステロンは、ヒゲや体毛に育成効果のある男性ホルモンのテストステロンという成分に5αリダクターゼという酵素が結びつくことによって生成されます。

薄毛の原因はヘアサイクルの乱れ

髪の毛は一度生えると一生そのままなのではなく、成長すると抜けて、抜けたところにまた新しい髪の毛が生え、その髪の毛が成長するといったサイクルを繰り返しています。
このヘアサイクルが正しく繰り返されることよって、髪の毛はふさふさした状態を維持することができるのです。薄毛や脱毛はヘアサイクルが狂うことによって起こる症状です。シャンプーのし過ぎによって頭皮が荒れてしまったり、男性ホルモンのジヒドロテストステロンによってヘアサイクルが狂わされることによって、抜け毛が多くなったり、新しい髪の毛が生えてきても毛髪の成長が阻害されて十分に成長することができず、細く、切れやすくなって、髪の毛にボリュームがなくなってしまうのです。
そのため薄毛や脱毛対策には、ヘアサイクルが改善され、正しく繰り返されるための対策を行う必要があります。

対策費用がうくジェネリック

薄毛や脱毛対策は皮膚科に通う方法がありますが、薄毛治療は保険適応外になります。そのため治療費が大きくなってしまいますが、医薬品に費用がうくジェネリックを使用するようにすると、治療費の負担をいくらか軽減することができます。
また薄毛や抜け毛対策には、効果が高いといわれる輸入医薬品を使用する方法もあります。輸入医薬品は、個人で輸入するほか、輸入医薬品を扱っている医薬品ショップ、サイトなどでも入手することができます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る