なんでも”やり過ぎ”はよくないんです!シャンプーの使いすぎのリスク。

薄毛にならないための対策としてシャンプーは大切です。しかし、シャンプーをやりすぎてしまうと逆効果になってしまいます。どのようなことにでも適度にとどめておくことが大切です。シャンプーを使いすぎるリスクについて説明しましょう。

使いすぎで慢性炎症を引き起こす

シャンプーというのは頭皮の汚れや皮脂を取り除くために主に使われます。したがって、これを使いすぎてしまうと皮脂を取り除きすぎてしまう可能性が高いのです。皮脂というのは本来は頭皮を守る役目を果たしています。余分な皮脂は毛穴に詰まってしまうため取り除く必要があるのですが、取りすぎるのは良くないことです。皮脂がなくなり乾燥してしまうことによって頭皮にどんどんダメージが溜まります。慢性炎症を起こしていることもあります。シャンプーを使っていてかゆみを感じるときは慢性炎症を起こしている可能性が高いです。

ケラチンタンパクを溶かすことがある

シャンプーをたくさん使うと界面活性剤が頭皮に残ってしまう可能性があります。界面活性剤というのはタンパク質を溶かすことができます。これによって汚れを取り除けるのです。しかし、髪の毛もケラチンタンパクというタンパク質によって構成されています。そのため、シャンプーを使いすぎてしまうと界面活性剤によりケラチンタンパクを溶かしてしまう可能性があり、これによって薄毛が進行する可能性があるのです。

シャンプーがシミの原因

さらにシャンプーの悪影響として、これを使いすぎるとシミの原因となってしまうこともあります。慢性炎症が色素沈着することがシミの原因となるのです。シャンプーを使いすぎることによって肌にシミができてしまう結果となるのです。特にしっとりと洗い上げることができるシャンプーは界面活性剤が残りやすいため気をつける必要があるでしょう。髪の生え際の部分にシミができている方は、シャンプーが原因となっている可能性があります。

シャンプーの正しい使い方

それではシャンプーはどのくらいの量を使うのが適量なのでしょうか。実は1円玉ぐらいの量で良いのです。これでは少ないと思う方がいるかもしれませんが、そもそもシャンプーは頭皮を洗うことが目的です。頭皮の面積は人それぞれそれほど変わりありません。シャンプーは髪の毛を洗うものと勘違いしている方がたくさん使ってしまうのです。あくまでも頭皮だけをこする程度で十分汚れを落とすことはできるため、それほどシャンプーの量は必要ないのです。これならばシャンプーの消費量も減るため、節約になるでしょう。頭皮のトラブルを避けられます。

育毛剤を使う

シャンプーを毎日正しく使うことは育毛に効果的です。それだけではなくて育毛剤も活用すると良いでしょう。育毛剤には髪の毛を成長させたり、頭皮の環境を整えるための栄養が含まれているのです。毎日育毛剤を使うことによって、髪の毛の状態はどんどん良くなっていきます。

育毛剤を入手するための方法としては、たとえば輸入医薬品を活用するという方法があります。海外から取り寄せた輸入医薬品の育毛剤を使うのです。輸入医薬品の方が安く買えるケースが多いためおすすめします。ただし、信頼できる通販サイトを利用して海外から育毛剤を購入すると良いでしょう。育毛剤は正しい使い方を守ってください。そうすれば、頭皮の環境を大幅に改善させることができるでしょう。

シャンプーというのは毎日みんなが使っているものですが、正しい使い方をできていない方が多いです。その結果として炎症が起きてしまったり、シミができてしまったり、最終的には薄毛や脱毛の原因にまでなっているのです。シャンプーの正しい使い方を理解して、しっかりと髪の毛を守りましょう。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る