乾燥する季節はなぜダメージを負うのか。

冬のように空気が乾燥する季節は髪の毛にダメージを負うとされています。それではどうして乾燥によってそのような影響を受けてしまうのでしょうか。乾燥する季節と髪の毛の関係について説明しましょう。

冬に抜け毛が多くなる

1年の中でも特に抜け毛が増えることが多いのは冬です。一般的には夏にダメージを受けたために秋になると抜け毛が増えるとされています。しかし、冬になってしまっても抜け毛がたくさん生じてしまい困っている方は多いのです。冬の抜け毛については、乾燥が関係しているとされています。しっかりと対策をしておかないと、どんどん抜け毛が増えてしまうでしょう。

乾燥で抜け毛が増える理由

それではどうして乾燥によって抜け毛が増えてしまうのでしょうか。空気が乾燥していると頭皮も乾燥しやすくなります。頭皮にとって乾燥は大敵となってしまいます。どんどんフケが生じてしまうでしょう。頭皮の環境が悪化してしまい、最終的には抜け毛につながってしまうのです。

また、血行不良になってしまうことがあります。体が冷えてしまい、血液の流れも悪くなってしまうのです。これによって髪の毛を生やすための栄養がしっかりと頭皮に届けられなくなってしまいます。その結果として、髪の毛が抜けやすくなってしまうのです。

2~4月には気をつける

それでは1年の中で一番乾燥する時期はいつ頃なのでしょうか。これは2~4月です。冬はもちろんのこと、春である4月も空気は乾燥しているのです。夏場になると湿度は高くなるのですが、4月の段階ではまだまだ空気は乾燥したままとなっています。そのため、2~4月の期間でしっかりと頭皮のケアをしておかないと抜け毛が進行してしまうでしょう。

肝臓ケアも大事

また、抜け毛というのは肝臓とも深く関わっています。しっかりと肝臓ケアをすれば抜け毛を防げるのです。肝臓はタンパク質を合成します。タンパク質は髪の毛の材料となる重要な物質です。肝臓が弱るとタンパク質が不足してしまい、髪の毛をしっかりと成長させられなくなります。

肝臓ケアのためにはビタミンやミネラル(亜鉛)をしっかりと摂取しましょう。ミネラル(亜鉛)やミネラルは野菜を中心とした食生活によってしっかりと摂取できるでしょう。食生活のバランスを考えることによって、ビタミンやミネラル(亜鉛)を取り入れることができるならば、元気な髪の毛を生やすことができるのです。

育毛をする

もし髪の毛が抜けてしまい困っているならば、育毛をすることをおすすめします。育毛によって、弱ってしまった頭皮を復活させて、髪の毛を再び生やすことができるのです。その際には育毛剤が役に立つでしょう。

育毛剤はジェネリックのものをおすすめします。ジェネリックとは特許の切れた医薬品と同じ成分で作られたもののことです。効果が実証されており、しかも開発費がかからないためにジェネリックは安く提供することができるのです。

あるいは輸入医薬品を頼るという方法もあります。海外で市販されている医薬品を輸入したものです。海外の方が安く育毛剤を入手できるケースがあるのです。輸入医薬品でもきちんとした効果を期待できるでしょう。輸入医薬品を購入できるサイトもあります。育毛剤の費用を抑えたいならばチェックしましょう。

乾燥というのは髪の毛や頭皮にとっては絶対に避けなければいけないものです。特に乾燥しやすい季節においてはしっかりと対策をしておきましょう。また、髪の毛を大事にしたいならば、肝臓ケアも欠かせません。こちらについても、しっかりとビタミンをはじめとした栄養を摂取することで対処しましょう。そして、育毛ケアも行いましょう。これらによって、いつまでも元気な髪の毛を維持できます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る