男性ホルモンと薄毛、育毛

髪の毛のトラブルの代表といえば薄毛です。しかし、薄毛になる人もいればならない人もいるのが現実です。一体薄毛になる原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

薄毛の原因とは

最近巷で話題になっている「AGA」。これは、男性型脱毛症を英語に訳した「Androgenetic alopecia」を略したものです。男性ホルモンを表す「Andro」、遺伝を表す「Genetic」、脱毛を表す「alopecia」。このように、AGAとは「男性ホルモンと遺伝によって生じる脱毛症」という意味になります。このような言葉の成り立ちから分かるように、男性型脱毛症の大きな原因は「遺伝」と「男性ホルモン」が関係しています。しかし、薄毛の根拠を示しているのは言葉の成り立ちだけではありません。紀元前400年のギリシャで、アリストテレスの宦官(去勢した男性を表す)には男性型脱毛症が発症しなかったという記録が存在します。それだけではなく、1942年にはホルモン学を研究しているハミルトンがそれを科学的に実証します。その研究内容は、男性ホルモンを投与したことで脱毛が進行した家計は多く男性型脱毛症が見られ、男性ホルモンを投与しても脱毛症が発症しなかった家計においては、男性型脱毛症になる人が少なかったというものです。その結果、遺伝による影響を男性型脱毛症は強く受けているということが証明されたのです。

脱毛のメカニズム

すでに加齢による壮年性男性型脱毛症の仕組みは解明されています。それは、主に精巣でつくりだされる男性ホルモンのテストステロンが体の中を血液と一緒に巡ることで、男性らしい筋肉質な体を作り出すなどの影響を与えます。髪を形成する毛母細胞の近くに存在する毛乳頭細胞が毛母細胞をコントロールして、成長因子、成長阻害因子を発生することが髪の毛の成長サイクルに大きな影響を与えるのです。毛乳頭細胞は血管と繋がっているため、血液中のテストステロンが毛乳頭細胞に関係してきます。そして、それは毛乳頭細胞の5α−リダクターゼという還元酵素と反応することで、テストステロンの5倍という強い力を持つジヒドロテストロンという男性ホルモンに変化させてしまう働きを持っているのです。ジヒドロテストロンは前頭部、頭頂部の成長阻害因子を誘導して毛母細胞の細胞死を早めてしまい、結果として、ヘアサイクルを休止期へと進めてしまいます。このことから、毛包が小さくなり、生み出される髪の毛は短く細くなってしまいます。その結果、脱毛が進行し、このサイクルが繰り返されることにより、髪の毛はどんどん薄毛になってしまい、最終的には生えてこなくなってしまうのです。

生え変わりについて

体の全ての細胞には寿命があり、細胞分裂を繰り返して新しく生まれ変わります。そして、それは髪の毛も同じです。一定まで髪が伸び続けることはヘアサイクルの中で「成長期」と呼ばれます。「成長期」は女性では3年から6年、男性では2年から5年だと言われています。そして、この時期を抜けると毛母細胞の分裂が止まり、髪を作らない状態に突入します。毛根が上部にまで上昇することで、毛乳頭細胞も一緒に上昇します。これを「退行期」と呼ばれ、2週間から3週間続きます。このまま「休止期」という状態が3ヶ月続きます。「休止期」を明けることで、また「成長期」に突入します。つまり、「成長期」「退行期」「休止期」を繰り返すことがヘアサイクルといい、このサイクルが髪の毛の生え変わりに影響しているわけです。成長期の髪の毛の発毛を促すために、ジェネリックや輸入医薬品を使っている人も増えています。ジェネリックはお財布に優しいだけでなく安全性も高いとされています。そのため、ジェネリックを愛用している人は増加傾向にあります。輸入医薬品は国内では買えない製品を使うことで新たな効果を期待できることが魅力です。輸入医薬品はネットを使った通販で購入することが出来ます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る