改めまして、ドライヤーの使い方徹底版。

普段何気なく使っているドライヤー。しかし、そのドライヤーの使い方や使う前後のケアを間違えると、髪にとんでもないダメージを与えてしまいます。そのダメージが蓄積していければ抜け毛を増やしてしまうリスクも増大します。薄毛対策をしている人にとっては無視できない話でしょう。髪にとって優しいドライヤーの使い方と使う前後のケアとは一体どのようなものなのでしょうか。日常生活でついつい行いがちな間違ったドライヤーの使い方を直していきましょう。

ドライヤーを使わないのは間違い

まず、大前提として薄毛予防にはドライヤーの使用は必須だと言えます。なぜなら、タオルで拭いたままだったりそのままの状態で放っておいてしまっては頭皮の乾かし残しが発生するからです。頭皮を乾かし残すと様々なデメリットが発生します。まず一つ目はカビが異常に増殖します。湿っているところにカビが発生するのは頭皮も同じです。中でもマラセチア菌というカビが増殖することで頭皮の環境が悪化していき、抜け毛の原因に繋がります。二つ目は髪の毛のダメージが増える点です。髪の外側にあるキューティクルという層がダメージから髪の毛を守る働きをしていますが、濡れている状態だとキューティクルが開いてしまうという特徴があります。そのため、その隙間からダメージを受けやすくなり、結果髪が傷んでしまう原因となってしまうのです。こういったことから髪の毛をケアするため、ドライヤーを使用していきましょう。

間違ったドライヤーの使い方

ドライヤーを使う最大の理由は頭皮をしっかりと乾かすことです。なので、髪の毛だけを乾かして終わりにしてしまってはカビや雑菌の繁殖を促してしまう結果になります。また、そのときの温度は決して熱すぎない温度にしてください。あまりにも温度が高いと頭皮が潤いを無くしてしまいますし、髪にも良くありません。ドライヤーの温度は熱すぎない程度に感じるように、距離を適切に離すことが重要です。極端に近づけすぎることのないように、熱すぎない距離を保つように離すようにしましょう。もしも熱いと感じたらすぐにドライヤーを頭から離すようにしてください。

使う前後のケアが大切

ドライヤーを使うときには、その前後に適切なケアがしてあるかどうかで、その効果がグッと上昇します。一つ目のポイントとしましては、ドライヤーをあてる前に、タオルで水分をある程度の拭き取っておきましょう。これは、ドライヤーの熱をあてる時間を出来るだけ短くする狙いがあります。濡れている髪はキューティクルが開いているため、ダメージを受けやすい状態にあるからです。そのため、タオルで髪の毛を拭く際にもゴシゴシと力強く拭き取るのではなく、優しく扱うように心がけましょう。髪を擦り付けるようにするのはNGです。

そして、正しくドライヤーをあて終わったら、育毛剤を使ってみましょう。実は、シャンプーをし終わった頭皮は刺激されている上に生活な状態であるため育毛剤を使う最大のチャンスなのです。ここで育毛剤を使うことで発毛効果を最大限に生かすことができます。また、育毛剤を使う予定があるのであればジェネリックの使用をオススメします。ジェネリックは価格が安いだけではなく副作用の心配も少ないため、比較的安心してジェネリックを使うことができます。また、国内の育毛剤が自身の身体に合わないと感じている人は輸入医薬品を使用してみるのが良いでしょう。輸入医薬品は日本では取り扱っていない製品も含まれているため、また違った効果が期待できます。輸入医薬品はインターネットなどの通販で気軽に購入することが出来ます。その際には信頼の出来るサイトで購入するようにしましょう。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る