膠原病は毛が薄くなる病気。

薄毛は男性だけの悩みではありません。むしろ女性の方が深刻である場合があります。女性が薄毛になる原因の一つは膠原病に由来します。膠原病は国から難病に指定されており、完全に治療することが難しい病気です。膠原病とはどのような病気です、その脱毛症状はどうすれば改善するのでしょうか。

膠原病について知ろう

膠原病は、全身性強皮症、慢性関節リウマチ、皮膚筋炎といった自己免疫の以上によって起こる疾患を総称したものです。全身性強皮症と限局性強皮症は違う疾患のため混同しないようにしましょう。限局性強皮症は内臓まで影響を及ぼさず皮膚のみの疾患となります。全身性強皮症は皮膚はもちろん内臓まで固くなることが特徴です。そのため限局性強皮症の患者さんが全身性強皮症と同じ症状になることはありません。皮膚筋炎を発症しますと筋力の低下がみられます。食べ物を飲みこみにくくなったり、場合によっては心臓の動きにも影響することがあります。皮膚筋炎で目立ちやすいのは顔の赤い皮疹で、これはヘリオトロープ疹と呼ばれています。発症する確率は1万人に1人の割合とされており、特に女性が多いことが特徴です。

膠原病になると、初期症状として微熱が続き、顔や手足に発疹や紅斑が起こることが多いです。この他にも粘膜や皮膚の乾燥、爪の変形、そして、髪の毛の脱毛症状が見られます。検査方法は主に血液検査や尿検査です。血液検査では白血球や赤血球の数、ヘモグロビン、ヘマトクリットを調べます。尿検査ではタンパクや糖などを調べていきます。検査結果によって膠原病だと判明した場合に治療が行われますが、現在膠原病は完治が不可能な病気とされているため、基本的には症状を抑える対症療法がメインになっていきます。ステロイド剤、免疫抑制剤、消炎鎮痛剤の投与を行いますが、長年の投薬で副作用が起こるリスクもあります。日常生活では、日光に長時間当たらないように気をつけましょう。また、体調管理に気をつけ、マスクやうがい手洗い、換気や加湿を忘れずに風邪の予防に努めましょう。とにかく無理をせず、身体を休めることが重要になります。

なぜ膠原病は薄毛に繋がるのか

様々な疾患が起こる膠原病。その中でも脱毛症状が起こりやすいのは全身性エステマートデスといわれる疾患です。これは特に20代に多く発祥し、まるで蝶のような形の痣が顔に表れる紅斑症と呼ばれる症状が特徴になります。自己免疫疾患の一つである全身性エステマートデスは、全身の様々な臓器に不具合を起こします。異常に活性化した抗体を作るBリンパ球が、自己抗原に対して抗体を作ることで本来なら起こさないはずのアレルギー反応が起きてしまい、臓器障害が起こるとされています。つまり、異常が出た免疫機能が、自分の体を自分で攻撃している状態と言えるわけです。このように引き起こされた内臓の疾患は、栄養失調や貧血などの症状を招き、大量の脱毛の原因となります。脱毛の種類は円形脱毛症のように局部的に減っていく場合もあれば、全体的に髪が薄くなることもあります。

膠原病による薄毛の治療

膠原病によって脱毛症状が進んでしまった場合、どのように改善していけばよいのでしょうか。体調の回復を待てば自然に脱毛症状が治まることも多いですが、病気による不安感の影響で脱毛が進行してしまうことも多々あります。脱毛だけでなく、ストレスは体調にも影響を与える可能性があるので、気長に治すというメンタルが重要になってきます。頭皮環境を整えるためにジェネリックの育毛剤を使ってみるという手段もあります。ジェネリックを使うと費用が抑えられる上に副作用のリスクも少ないためジェネリックは安心です。また、輸入医薬品の育毛剤は国内では手に入らないような育毛剤も扱っているため、こちらも見てみると良い輸入医薬品が見つかるかもしれません。インターネットを使った通販で気軽に購入することが出来るので、信頼できるサイトを選び輸入医薬品を注文してみましょう。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る